Home > 製品・サービスカタログ > 保証会社システム
保証会社システム
保証会社システム

保証会社システム

保証会社システムの概要

保証会社システムは、保証債権の審査・管理、代位弁済受付、求償債権の管理、自己査定・償却処理などの保証会社の業務を支援するシステムです。
 

製品・サービス一覧

当ページの記載内容は、当サイトの管理人が、ベンダのWEBサイトを参考にして記載しています。内容が正確でない可能性がありますので、当ページの内容を利用される場合は、必ず各ベンダのWEBサイト等をご自身でご確認ください。
当ページで紹介させて頂いている製品・サービスのベンダ様で、記載内容をベンダ様ご自身で更新して頂ける場合、お手数ですが、こちらのページを参照してご連絡を頂くようお願いいたします。

 

 保証受付・管理システム - アイティフォー    
  保証会社向けの保証債権の受付・管理システムです。保証依頼の審査支援業務から、保証料の計算・管理まで行うことができます。審査システムや延滞債権管理システムと連動させることが可能となっており、保証事務の効率化を実現します。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 求償債権管理システム - アイティフォー    
  保証債権について金融機関からの代位弁済請求を管理し、求償債権の請求から償却処理までを管理するシステムです。状態別の債権残高や債務者ごとの状態を把握する機能に加え、各状態における業務を支援する文書や管理資料を作成したり、回収を支援する機能を保有しています。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 信用保証業務管理システム - 京信システムサービス    
  保証委託申込の受付から火災保険の設定、期日管理、また保証料/手数料入金処理、勘定計上、担保不動産管理、求償債権処理に至るまでの信用保証業会社向け基幹システムである保証業務をトータル的にサポートしたWebシステムです。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 求償債権管理システム - みずほ情報総研    
  チームとして情報共有ができ、合理的な作業分担のうえ、求償債権を統合的に管理することができる、個人ローン管理のパッケージシステムです。当システムでは、チームとして情報を共有し、合理的に作業分担を行い、効率的な求償債権管理を提供します。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 保証料管理システム - みずほ情報総研    
  保証料による収益の向上、ローンの商品性を高めるための仕組みを提供します。リテール・バンキングを強力に支援する、個人ローン管理のパッケージシステムです。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 保証会社システム - 日本電子計算    
  保証債権元帳のデータを一元管理し、適切な保証料管理と自己査定を実現する、保証会社様向けトータルソリューションをご提供いたします。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 Finnova 保証業務管理システム - 日立システムズ    
  これまで培った豊富な導入実績と構築事例に基づき、この度、「信用保証会社向け基幹システム」をWeb化し保証業務をトータルにサポートしたパッケージ「保証業務管理システム」としてご提供します。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 保証審査システム - ユニテックス    
  住宅ローンの保証審査を、スピード重視で回答することを最重要視した保証審査システムです。本申し込み前の「事前審査」はもとより、担当者レベルでの「事前の事前審査」も可能としています。個人信用情報機関(CIC、JICC)の情報はCPU接続で取得します。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
 保証受付・管理システム - アイティフォー    
  保証会社向けの保証債権の受付・管理システムです。保証依頼の審査支援業務から、保証料の計算・管理まで行うことができます。審査システムや延滞債権管理システムと連動させることが可能となっており、保証事務の効率化を実現します。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
  保証業務に関わる契約管理、取扱店管理、 代位弁済/立替管理に対応します。本システムは操作担当者に対して機能ごとに利用権限を設定でき、セキュリティ機能の強化が可能です。  (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ
  保証業務における契約・請求支払・精算・査定・分析管理の効率化を実現するシステムです。Webの利点を生かして販売店、整備工場、保証会社をオンラインで接続することにより、それぞれの事務効率改善、故障内容や保証金の透明化、支払実績から事故率の統計管理ができるようになります。 (ベンダサイトより引用)

 当製品・サービスのベンダーサイトへ