Home > ICO > ICO「TrustedCars Flex」の参加方法や将来性について
あ

ICO「TrustedCars Flex」の参加方法や将来性について

公式ページ https://ico.trustedcars.com/?_ref=baaacOv
ホワイトペーパー https://ico.trustedcars.com/source/documents/TrustedCars_Flex_Whitepaper.pdf
トークン FLEX
通貨価格 1FLEX=0.07EUR
参加可能通貨 ETH
総発行トークン 8億FLEX
売り出しトークン 4.8億FLEX
ハードキャップ 5.2億FLEX
ソフトキャップ 2,000万FLEX

ICO期間

期間 ボーナス
6月19日〜6月25日 20%
7月16日〜7月23日 10%
7月24日〜7月30日 5%

⇒ICO参加ページ

時代遅れの車両所有モデルを変えることが目的

TrustedCars Flexは、簡単に車を借りたり購入することができるプラットフォームです。

あ

TrustedCars Flexは、イーサリアムブロックチェーンの分散型エコシステムで車両の使用と所有における消費者の経験を根本的に変えると確信しています。

例えば今までのカーシェアリングおよびレンタカー会社は高価で、非効率的かつ古典的なので、顧客に多額の費用と手間がかかってしまいます。

あ

しかしTrustedCars Flexなら、Amazonで書籍を一冊買うのと同じくらいシンプルに、すぐ車を借りたり購入することができます。

新車や中古車であるかどうかにかかわらず、数回のクリックで車両をオンラインで購入することができます。

自動車ディーラーとの契約

あ

自動車ディーラーの90%以上が

・IT
・電子商取引
・AI
・アプリ
・チャットボット
・マーケティング

これらの専門知識を持っていません。

そこでチームが、それらの専門的知識を備えて3年もの間、自動車ディーラーらと話しあい、契約し、出来上がったプロジェクトがTrustedCars Flexというわけです。

タクシーやレンタカー会社との違い

あ

アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリであるUberや、配車サービスを運営するLyft、そのほかEnterpriseやSixtは、独占的で分単位で料金がかかるため、非常に高価となります。

現に企業は車を借りて長期契約に縛られているか、非常に高価であるレンタカーを予約しています。

TrustedCars Flexは、ネットで使用可能な自動車ディーラーの在庫から希望の車を選び、別売のアプリでネットで署名して、すぐに利用することができ、その際に長期契約や隠れた費用はなく、消費者は保証、路傍援助、保険、メンテナンス、税金および登録などのすべてを含めて公正な価格を得ることができます。

チームの実績

TrustedCarsはすでにTrustedCars GmbHというプラットフォームを持っています。

TrustedCarsというブランド名も持ち、そのスピンオフがTrustedCars Flexです。

TrustedCarsは約2年前に立ち上げられ、成功した製品を運営する事業ではすでに7桁の資金を調達しています。

チームは、オペレーション分野のリーダーを固めたメンバーで構築されています。

ドイツ最大の自動車ディーラーの100社以上がすでに契約を結んでいて、TrustedCars Flexと協力しあっています。

2017年に30,000台以上の車両と現在購入可能な8,000台以上の車両で、チームはヨーロッパで最も使用されている自動車オンラインショップの1つです。

具体的な使用方法

TrustedCars Flexではネットワーク内で提携を組んでいる自動車ディーラーの在庫リストから希望の車両を選択し、アプリでサインインし、その販売店で車両をピックアップして運転を開始できます。

いつ車を必要とし、どのくらい車を使用するかなどを決め、その分の料金を払います。

1つのアプリケーションで、携帯電話で注文でき、いつでも自分が望むときに返却することができます。

車両にIoT装置を搭載

IoT装置を車両に設置することにより、運転者の行動を促し、最終的に消費者に保険コストを削減することができます。

IoTデバイスとBlockchainの統合は、車両を扱うという点で優れた組み合わせになります。

レンタカー・カーシェアリング市場規模

あ

レンタカー・カーシェアリング市場規模はすでに3兆ドルにも及び、2030年には6兆ドルになるとマッキンゼーなどの調査から予測されています。

700億ドル以上の価値を持つUber、Lyft、Didi Chuxingのような有力企業は、現在、ターゲットの1%程度で競合しているそうです。

TrustedCars Flexのチームはこれに対し、「経験豊富かつモチベーションの高いチームで、我々はもっと上を目指す」と述べています。

あ

また、TrustedCars Flexのチームは「Uberのような成長を想像して、これらの企業が今、目指している市場の60倍を目指す。

車を持たないドライバーは、長期契約や車両の購入や借り入れなどによる金銭的な負担がない車を手頃な価格で手に入れたい。
と考えると、誰にでも提供できるAmazonのように柔軟で手ごろなTrustedCars Flexのシステムは需要がある。」と述べています。

登録・購入方法

⇒ICO参加ページ

1.BUY NOWを選択します。

あ

2.必要事項を入力し、Registerをクリックします。(パスワードは大文字小文字を含んだ英数字記号)

a

3.届いたメールのConfirmを選択します。

あ

4.BUY TOKENを選択します。

あ

5.BTC、ETH、クレジットカードのいずれかを選び、欲しい数量を入力し、NEXT STEPをクリックします。

あ

6.自分のウォレットアドレスを入力し、SUBMIT BUY ORDERをクリックします。

あ

7.表示されたアドレスに通貨を送金すれば、購入完了です。
ただし、入力したウォレットアドレスからの送金でなければ購入できず、通貨が失われる可能性があるので注意してください。

あ

まとめ

すでに100社以上の自動車ディーラーと協力しあっていて、約2年前にはカーシェアリング系で7桁の資金調達に成功しているTrustedCars。

TrustedCars Flexプラットフォームを使用するユーザーが増え、流行ればFLEXトークンの価値が高まる可能性があります。

市場規模は大きいですし、可能性はありますね。

⇒ICO参加ページ

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ