Home > 金融機関システム概説 > 銀行システム > アンチマネーロンダリングシステム
aml

アンチマネーロンダリングシステム

AMLシステムの概要

AMLシステムは、反社会的勢力やテロリストなどによる資金洗浄、口座開設、テロ資金供与(CFT)、犯罪・詐欺等に関する取引を検知及び防止するシステムです。

金融機関は、その業務の公共性から反社会的勢力及びマネーローンダリング(資金洗浄)・テロ資金供与(CFT)に対する適切なリスク管理態勢を整備することが求められています。

まず、反社会的勢力への対応については、金融庁の監督指針や検査マニュアルにおいて、反社会的勢力対応部署による一元的な管理態勢を構築した上で、適切な事前審査や適切な事後検証・取引解消を行うことが求められています。

特に、システムに関連する項目として、反社会的勢力に関する情報を積極的に収集・分析するとともに、当該情報を一元的に管理したデータベースを構築し、適切に更新(情報の追加、削除、変更等)することが求められています。

また、マネーローンダリングへの対応については、FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)による勧告を受けた2011年の犯罪収益移転防止法の改正において、厳格な取引時確認(実質的な支配者の把握等)や、顧客等に対する継続的なモニタリングなどが求められています。また、犯罪による収益である疑いや顧客などが犯罪による収益の隠匿を行っている疑いがあると認められる場合には、速やかに所管行政庁に届出を行うことを義務づけています。

さらに、最近の動きとして、2012年に公表された第4次FATF勧告を受けて、2014年11月に犯罪収益移転防止法の一部改正案が成立し、疑わしい取引の検知について主務省令で定める方法により実施することや、実質的支配者の範囲の拡大などが盛り込まれています。

これらを実現するために、各金融機関はアンチマネーローンダリングシステム(あるいは反社チェックシステム等)を構築しています。具体的には、蓄積した取引データに関して定期的に「疑わしい取引」の検知を行うための「モニタリングシステム」と、顧客や送金人及び受取人等が反社会的勢力やテロリスト等に合致しないかチェックするための「フィルタリングシステム」の2種類が存在します。

AMLシステムの概要図

以下にAMLシステムの概要図を示します。各金融機関により、システム構成は大きく異なります。
aml01

AMLシステムの機能概要

(1) モニタリングシステム

モニタリングシステムとは、勘定系システムや国際系システムから取引データを受領し、定期的に「疑わしい取引」が発生していないか検知するためのシステムです。

事前に疑わしい取引の検知パターンを各金融機関のリスク特性に応じて設定する必要があります。金融庁が公表している「疑わしい取引の参考事例」等を参考にしながら設定する必要があります。

また、疑わしい取引の検知については、単一取引では閾値に達しないものの、複数の同種取引を組み合わせると閾値を超過するような取引についても検知する機能も具備しています。

当モニタリングシステムにおいて検知した疑わしい取引については、所定フォーマットに記載して、所管行政庁への届出が義務づけられていますが、この届出の作成補助機能を有しているシステムもあります。

(2) フィルタリングシステム

フィルタリングシステムとは、口座開設顧客や為替送金人、為替受取人等が、各金融機関が事前に設定した照合リスト(要注意人物)に合致するか否かをチェックするシステムです。

フィルタリングシステムは、勘定系システムや国際系システムに組み込まれて、取引電文を自動的にチェックし、リストに合致した取引を自動的に保留する形態のものと、勘定系システムや国際系システムとは別筐体のシステムを準備し、口座開設時に個別にチェックするほか、定期的に取引電文を一括でチェックする形態のものがあります。

また、フィルタリングは、顧客の氏名・住所・生年月日等をもとに照合リストとのチェックを行いますが、表記揺れや意図的な入力ミスを防止するために、「あいまい検索機能」を有しています。

製品・サービス一覧

AMLシステムの製品・サービス一覧は、以下のページを参照ください。

 

参考文献

参考文献一覧

参考文献一覧

  1. 金融情報システムセンター(2015)『金融情報システム白書〈平成27年版〉』財経詳報社 417pp
  2. 調査部(2014)「金融機関におけるアンチ・マネー・ローンダリング(AML)対応の動向」『金融情報システム』No.333(平成26年夏号) pp.76-92. 金融情報システムセンター
  3. 調査部(2009)「金融機関におけるAML対策の動向」『金融情報システム』No.301(平成21年冬号) pp.64-85. 金融情報システムセンター
  4. 金融庁(2015)「預金等受入金融機関に係る検査マニュアル」<http://www.fsa.go.jp/manual/manualj/yokin.pdf>(2015/10/26 アクセス)
  5. 金融庁(2015)「法令等遵守態勢の確認検査用チェックリスト」<http://www.fsa.go.jp/manual/manualj/manual_yokin/07.pdf>(2015/10/26 アクセス)
  6. 金融庁(2015)「金融モニタリングレポート」<http://www.fsa.go.jp/news/27/20150703-2.html>(2015/10/14 アクセス)
  7. 金融庁(2015)「平成27事務年度金融行政方針」<http://www.fsa.go.jp/news/27/20150918-1.html>(2015/10/14 アクセス)
  8. 金融庁(2014)「平成26事務年度金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針)」<http://www.fsa.go.jp/news/26/20140911-1.html>(2015/10/14 アクセス)
  9. 金融庁(2014)「金融モニタリングレポート」<http://www.fsa.go.jp/news/26/20140704-5.html>(2015/10/14 アクセス)

仮想通貨がはじめての方も簡単操作で購入できる取引所

私が初心者の方に1番お勧めする仮想通貨取引所がコインチェックさんです。 お勧め仮想通貨取引所ビットコイン,リップル,イーサリアム 1000円からの仮想通貨で資産運用。ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)・NEMなどで分散投資が簡単です。