Home > 金融機関システム概説 > 生命保険システム
life-insurance

生命保険システム

生命保険システムの概要

生命保険システムは、生命保険の新規契約や各種管理業務、数理計算等を担う基幹系システムのほか、有価証券や財務貸付等の運用業務を担う資産運用システムなどから構成されています。

生命保険システムは、わが国における生命保険の普及・進展とともに発展してきました。昭和30年代に社内の事務処理効率化のためにコンピュータが導入されたのち、昭和40年代には個人保険システムを中心にオンライン化が進められ、全国レベルのオンライン網が構築されました。

その後昭和50年代以降は、年金保険や変額保険など保険商品多様化への対応、情報系システムや資産運用系システムの構築等が進められ、現在の生命保険システムの原型はここで一応の完成を見ることになります。

しかしながら、その後のバブル崩壊による予定利率逆ザヤ問題や、外資系生保や損保系生保の参入、保険金不払い問題等の環境の変化を受けて、各保険会社は、システムコストの削減や事務プロセスの見直しを進めてきました。具体的には、システムのアウトソーシング化やオープン系システムの活用、事務処理のペーパーレス化、保険金支払漏れの防止対応などが行われてきました。

さらに近年では、来店型保険ショップや銀行窓口販売が保険販売チャネルとして重要性が高まってきたことから、乗合代理店システムや銀行代理店システムの機能拡充が図られています。

加えて、インターネットチャネルの機能拡充や、クラウドシステムの活用、保険外交員のコンサルティング機能の強化(ライフプランニング機能の強化、モバイルプレゼンテーション機能の強化など)、インシュアテック(保険版FinTech)への対応(健康データとの連携など)といった取組みも活発に行われています。

生命保険システムの構成

以下に生命保険システムの概要図を示します。各会社により、システム構成は大きく異なります。
life-insurance01

生命保険システムの特徴

生命保険システムの特徴を以下に示します。

超長期の契約管理

生命保険は、契約の成立から保険金支払いまで数十年以上に及ぶ超長期の契約管理が必要です。また、任意時点の契約状態を復元するために、契約変更履歴も全て管理しておく必要があります。このため、システムの肥大化や複雑化を招きやすいほか、旧システムを残存させなければならい局面も多々発生します。損害保険会社と比べて生命保険会社の再編が進まなかったのは、このようなシステム同士の統合が困難であったことが大きな要因の1と言われています。

複雑な数理計算

保険料率や責任準備金率等は、生保標準生命表や自社の過去情報(契約・支払情報、原価情報など)等をもとに、確率・統計学を駆使した高度な数理計算を用いて算出されます。

多数の機微情報を保有

保険契約時や保険金支払時に、既往歴や診断書情報などの非常にセンシティブな情報(機微情報)を取り扱うため、非常に強固な情報セキュリティ管理が求められます。

クラウドシステム

金融業界の中では保険業界は最もクラウドシステムの利用が進んでいると言われています。具体的には人事総務系システムや営業支援システム、コールセンターシステムなどでクラウドシステムが活用されています。

個別システムの概要

生命保険システムを構成する個別システムの概要を説明します。

(1) 基幹系システム

新契約システム

新契約システムは、顧客との保険契約の成立を支援するシステムです。保険設計書の作成、申込書や告知書の査定、契約処理、初回の保険料払込管理、保険証券の作成等を行います。保険契約が成立した後は、契約データは後述の契約管理システムに引き継がれます。

契約管理システム

契約管理システムは、契約成立した保険に対する保全業務や保険料請求・収納、保険金支払い等の各種管理業務を支援するための最重要システムです。

契約異動処理等を行う「契約保全システム」、保険料の請求データ作成や収納処理を行う「請求/収納システム」、顧客死亡時や満期時等に保険金の支払いを行う「支払システム」など、複数のサブシステムから構成されています。

また、保険契約情報を一元的に管理する「契約マスタ」を保有しています。この契約マスタファイルは、契約情報と異動情報(契約変更情報)を別々に管理しており、任意時点の契約状況を復元することができます。

数理システム

数理システムは、生保標準生命表や自社の過去情報(契約・支払情報、原価情報など)等をもとに、確率・統計学を駆使して、保険料率や責任準備金率等の高度な数理計算を行うシステムです。

主に数理部門(アクチュアリー等)や企画部門が、新商品開発時や各保険会社の将来見込収支シミュレーション時などに利用しています。

(2) 資産運用系システム

生命保険会社は、顧客から集めた保険料等を将来の保険金支払の準備資金として管理しており、安全性・収益性・流動性・公共性の原則に基づいて、有価証券や貸付、不動産等で運用を行っています。資産運用系システムは、このような生命保険会社の資産運用を支援するシステムです。

特に有価証券システムでは、注文・発注取引等を行うフロントオフィスシステムと、リスク管理や運用評価を行うミドルオフィスシステム、清算・決済業務等を行うバックオフィスシステムから構成されています。2013年度末における生命保険会社の総資産は約350兆円に上っており、そのうち、有価証券が約8割を占めているなど、有価証券の運用業務とそのシステムは、ますます重要になっています。

(3) 外部接続システム

外部接続システムは、生保共同センタ(LINC)などの外部センタと基幹系システムとの接続を制御するシステムです。具体的には、他保険会社との資金決済や保険料請求データの集配信等を実施している生保共同センタや、多様な手段で保険料収納を行うマルチペイメントセンター、生保カードでのATM取引等を実現するCAFISセンターなどとの接続を制御しています。

(4) 査定支援システム

査定支援システムは、診断書データの電子化・コード化等を行うことにより、生命保険の契約引受時や保険金支払時の査定業務を支援システムです。

(5) 情報系システム

情報系システムは、顧客情報や契約情報等のデータをデータウェアハウス等に一元的に管理して、より効率的な保険販売や収益管理の強化等を支援するシステムです。

データウェアハウス以外に、顧客情報を一元的に管理する「顧客情報管理システム」や、効率的な保険販売や顧客折衝を推進する「CRMシステム」・「提案支援システム」などから構成されます。また、これらのデータを活用するためのビジネスインテリジェンスツールも具備しています。

(6) チャネルシステム

チャネルシステムは、様々なチャネル経由で保険販売や既存契約管理等を行うためのシステム群です。乗合代理店や銀行窓販システム等と接続するための代理店システムや、支社・営業所と接続する営業店システム、インターネットサイト上で直接保険の見積・申込等ができるインターネットシステムなどがあります。

また、これらの複数のチャネル経由で、顧客に対して統一的かつ効率的なセールスを可能とするために、DWH等に顧客情報やコンタクト履歴を一元的に保有し、CRMシステム等を活用した「オムニチャネル化」への取組も進められています。

(7) 経営管理システム

経営管理システムは、保険会社の収益やコスト、自己資本、リスク等を計量化・管理するためのシステム群です。

特に2014年2月に改正された「保険会社向けの総合的な監督指針」において、保険会社の戦略目標を達成する重要なツールとして、全てのリスクを統合的に管理し事業全体でコントロールするために、統合的リスク管理(ERM)態勢を整備することを求められました。このため、近年ERMの考え方に基づく経営管理システムの整備が進められています。

製品・サービス一覧

生命保険システムの製品・サービス一覧は、以下のページを参照ください。

 

参考文献

参考文献一覧

参考文献一覧

  1. 金融情報システムセンター(2015)『金融情報システム白書〈平成27年版〉』財経詳報社 417pp
  2. 尾籠裕之(2000)『e-ビジネス時代と保険システム』保険毎日新聞社 159pp
  3. 山本統一(2010)『SEが基礎から学ぶ金融システムの教科書』日本実業出版社 328pp
  4. 克元亮(2004)『SEのための金融の基礎知識』日本能率協会マネジメントセンター 341pp
  5. 望月琢彦(著),古賀輝行(著),岩本堯(著),鈴木治(著),小島修矢(著),佐藤泰夫(著),他(2014)『図説 生命保険ビジネス』きんざい 244pp
  6. 調査部(2011)「多様化する保険販売チャネルと今後の課題」『金融情報システム』No.313(平成23年冬号) pp.102-141. 金融情報システムセンター
  7. 調査部(2008)「地域金融機関の保険窓販への取組み―制度・システム面の対応を中心に―」『金融情報システム』No.296(平成20年夏号) pp.48-65. 金融情報システムセンター
  8. 日立製作所「日立 保険会社共同ゲートウェイサービス」<http://www.hitachi-systems.com/solution/s0306/gw/index.html>(2015/10/31 アクセス)
  9. NTTデータ「NTTデータ 保険会社共同ゲートウェイ」<http://www.nttdata.com/jp/ja/lineup/insurance_gateway/index.html>(2015/10/31 アクセス)
  10. itpro(2007)「Part9 生保編1–理解しておくべき保険の種類と契約業務」<http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/lecture/20070301/263629/>(2015/11/11 アクセス)
  11. itpro(2007)「Part10 生保編2–契約業務の効率化に不可欠な基幹系システムの仕組みを知る」<http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/lecture/20070301/263653/>(2015/11/11 アクセス)
  12. itpro(2007)「Part11 生保編3–顧客情報の有効活用を模索,情報系システムを理解する」<http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/lecture/20070309/264466/>(2015/11/11 アクセス)
  13. 金融庁(2015)「金融モニタリングレポート」<http://www.fsa.go.jp/news/27/20150703-2.html>(2015/10/14 アクセス)
  14. 金融庁(2015)「平成27事務年度金融行政方針」<http://www.fsa.go.jp/news/27/20150918-1.html>(2015/10/14 アクセス)
  15. 金融庁(2014)「平成26事務年度金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針)」<http://www.fsa.go.jp/news/26/20140911-1.html>(2015/10/14 アクセス)
  16. 金融庁(2014)「金融モニタリングレポート」<http://www.fsa.go.jp/news/26/20140704-5.html>(2015/10/14 アクセス)
  17. 金融庁(2015)「保険検査マニュアル」<http://www.fsa.go.jp/manual/manualj/hoken.pdf>(2015/11/11 アクセス)
  18. 金融庁(2015)「保険会社向けの総合的な監督指針」<http://www.fsa.go.jp/common/law/guide/ins/index.html>(2015/11/11 アクセス)
  19. 生命保険協会「協会の取組み」<http://www.seiho.or.jp/activity/>(2015/11/11 アクセス)
  20. 生命保険協会「統計資料」<http://www.seiho.or.jp/data/statistics/>(2015/11/11 アクセス)

仮想通貨がはじめての方も簡単操作で購入できる取引所

私が初心者の方に1番お勧めする仮想通貨取引所がコインチェックさんです。 お勧め仮想通貨取引所ビットコイン,リップル,イーサリアム 1000円からの仮想通貨で資産運用。ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)・NEMなどで分散投資が簡単です。