Home > 最新の記事 > FinTechニュース > Transferwise、日本でP2P海外送金サービスを開始
transferwise1.jpg

Transferwise、日本でP2P海外送金サービスを開始

トランスファーワイズ・ジャパンは9月7日、日本においてP2Pの仕組みを利用した海外送金サービスを開始すると発表した。

このサービスでは、A国からB国に送金したい人と、B国からA国に送金したい人をオンライン上で自動的にマッチングするP2Pプラットフォームを使用し、資金が国境を越えることなく海外送金ができる。利用者はマッチングを意識する必要はない。

同社では、一般的な銀行では中継銀行手数料や被仕向銀行手数料など、送金総額の10%以上におよぶ手数料が発生する場合もあるが、このサービスの手数料は送金額の原則1%で、一般的な銀行と比べ平均で3分の1の手数料で海外送金が可能になるとしている。また、送金完了までに要する日数も原則1日から2日という。

このサービスを利用するためには、まず利用者は同社に口座を開設する必要がある。本人確認書類などを認証後に、ウェブサイトやオンラインバンキングなどで同社名義の銀行口座へ振り込みすることで送金できる。受取人側の銀行口座への送金は、同社が開設している現地の金融機関より実行される。

現在、全世界での同社の利用者数は100万人を突破し、月間の合計送金額は約1,100億円にのぼるという。

日本における海外送金サービスに一石を投じそうだ。

(参照)トランスファーワイズ・ジャパンのニュースリリース

https://transferwise.com/jp/

加藤翔太の特典付き無料メルマガ

加藤さんの無料メルマガでは、有料級の仮想通貨の情報や、その他お金を稼ぐ方法に関して述べられています。

また、このメルマガには

・仮想通貨リップル1万円分または現金1万円分

・世界一周旅行または現金100万円分(抽選1名)

・最新版MacBookまたは、現金10万円

・仮想通貨セミナー(約11時間)

などの特典も付いているので、お得です。

⇒加藤翔太の仮想通貨の無料動画レビュー

⇒加藤翔太の無料メルマガ登録ページ

おすすめ仮想通貨取引所

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設

バイナンス(Binance)

あ

バイナンスは、仮想通貨取引所の中で一番、コインを扱っている数が多いです。
ですから、気になるアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)がある方は、バイナンスに登録しない手はないでしょう。

また、取引にかかる手数料も圧倒的に安く、他の取引所に比べて有利です。

海外の取引所というのが少し気になりますが、今では日本人向けに改良されて、日本語機能も付いているので、コインチェックと同じくらいオススメですね。

⇒バイナンスの詳細

⇒バイナンスの無料アカウント開設