Home > 最新の記事 > FinTechニュース > 千葉銀行、地銀で初めてAPI接続による口座照会アプリをリリース
chiba04.jpg

千葉銀行、地銀で初めてAPI接続による口座照会アプリをリリース

千葉銀行は3月10日、地方銀行で初めて、API接続による口座照会ができるスマートフォンアプリをリリースすると発表した。

今回新たに提供を開始するのは、同行のスマホアプリ上の「かんたん口座照会」。アプリ上で4桁のパスコードを入力すれば、普通預金の残高や取引の明細が確認できる。

システム的には、日立製作所のインターネットバンキング共同センタ「FINEMAX」が提供する「銀行API連携サービス」を採用しており、アプリ側は、FinTech企業のファストメディアのアプリ開発プラットフォームを活用しているという。

キャッシュカードを持っている顧客であれば、無料で利用できる。APIを活用した銀行アプリにおけるキャッシュカードでの残高照会サービスは、地方銀行初の取組みだという。

以下に、千葉銀行のニュースリリースを引用する。

API接続による「ちばぎんアプリ」新サービス「かんたん口座照会」の開始について

千葉銀行
2017/3/10

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成29年3月21日(火)より、当行のスマートフォン向けアプリ「ちばぎんアプリ」※1の新サービス「かんたん口座照会」の提供を、API(Application Programming Interface)接続により開始いたしますので、お知らせします。

今回新たに提供を開始する「かんたん口座照会」は、「ちばぎんアプリ」上で、事前に登録した普通預金口座の残高や取引の明細が4桁のパスコードだけで気軽に確認できるサービスで、お客さまはキャッシュカードがあれば無料でご利用いただけます。なお、APIを活用した銀行アプリにおけるキャッシュカードでの残高照会サービスは、地方銀行初の取組みとなります。

APIとは、外部事業者等に銀行システムへのアクセス権を与え、セキュリティを確保しつつ外部事業者がお客さまの同意に基づいて口座情報等を取得できる仕組み※2です。当行は今後、 APIの活用を積極的に進め、フィンテック企業との連携を強化していくことで、先進的なサービスを“手軽に・安全に”提供してまいります。
(以下、省略)

 

(参照)千葉銀行のニュースリリース

http://www.chibabank.co.jp/news/company/2017/0310_02/pdf/news20170310_02_001.pdf

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ