Home > 最新の記事 > FinTechニュース > 富士通と千葉銀、ブロックチェーンによる地域スタンプラリーを実験
fujitsu6.jpg

富士通と千葉銀、ブロックチェーンによる地域スタンプラリーを実験

富士通は3月16日、千葉市や千葉銀行と協力して、ブロックチェーン技術を活用した地域スタンプラリーの実証実験を実施すると発表した。

スタンプラリーを通じて収集する参加者の行動データをブロックチェーン上に蓄積し、様々な観点から分析する。分析したデータは個人を特定できないように加工した状態で地域の金融機関・地場企業に提供するという。

スタンプラリーのデータを活用することで、新商品の開発・マーケティングや、地域の周遊経路の最適化などにつなげる。ブロックチェーン技術を活用することで、取引履歴の透明性と信頼性の高さを実現するほか、コンテンツ利用料の精算管理、スタンプの発行管理、参加者の動線把握などが実現できるとしている。

今回の実証実験では、3月20日より3ヶ月程度、ライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」(通称、俺ガイル)とコラボレーションしたスタンプラリーを、千葉県千葉市を中心に実施する。

以下に、富士通のニュースリリースを引用する。

千葉市でブロックチェーン技術を活用した地域スタンプラリーの実証実験を開始
地域の自治体や金融機関と連携し、地方創生を推進

富士通
2017/3/16

当社は、地方創生の実現に向けて、取組みを推進する千葉県千葉市(市長:熊谷 俊人、以下、千葉市)の後援、株式会社千葉銀行(頭取:佐久間 英利、以下、千葉銀行)の協賛をうけ、ブロックチェーン技術(注1)を活用した地域スタンプラリーの実証実験を、2017年3月20日より千葉市中央区の千葉銀座通りを中心に実施します。

地域スタンプラリーは、地域の金融機関・地場企業や自治体と連携し、その地域に縁のあるアニメ・スポーツ・観光地・グルメなどのコンテンツを活用することで、地域に人を誘致します。

当社は、スタンプラリーのサービスを通じて、参加者の行動データを収集・蓄積し、分析します。分析したデータは個人を特定できないように加工した状態で地域の金融機関・地場企業や自治体に提供していきます。データを活用することで、新商品の開発・マーケティングや、地方創生に活用できる地域の周遊経路の最適化などが期待できます。また、スタンプラリーにブロックチェーン技術を活用することで、履歴の変更が事実上困難になり、過去のすべての取引履歴が残り続けるという透明性と信頼性の高さを実現し、コンテンツ利用料の精算管理、スタンプの発行管理、参加者の動線把握などが行えます。

当社は今後、日本全国の各地域で様々なコンテンツを活用した地域スタンプラリーを実施し、地域の金融機関や自治体と共に地方創生に積極的に取組んでいきます。

背景

少子高齢化に伴う人口減少や、都心部への人口流出が年々増加している中、政府は日本全体の活力を高めることを目的に、内閣府特命担当大臣(地方創生担当)を中心に様々な施策を検討しています。一方、地域の企業や自治体も独自に地方創生の取組みを積極的に推進しています。

そのような中、当社は、様々な業種ノウハウとICTを融合させ、より効率的・効果的に地方創生を推進するため、最新技術であるブロックチェーン技術を取り入れた地域スタンプラリーを実施します。

地域スタンプラリーの概要

2017年3月20日(月曜日)より3ヶ月程度、千葉県が舞台であり、アジア圏から人気があるライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」(通称、俺ガイル)(注2)(著:渡 航、イラスト:ぽんかん⑧、株式会社小学館発行)とコラボレーションしたスタンプラリーを、千葉県千葉市中央区の千葉銀座通りを中心に実施します。

作品の世界観を引き出し、スタンプを貯めるだけではなく体験型の要素を盛込んだイベントを行います。

(以下、省略)

 

(参照)富士通のニュースリリース

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/03/16.html