Home > 最新の記事 > FinTech(フィンテック)ニュース > 三菱東京UFJ、米Rippleのグローバルコンソーシアムに参加

三菱東京UFJ、米Rippleのグローバルコンソーシアムに参加

三菱東京UFJ銀行は3月31日、米国Ripple社が主催するグローバルなコンソーシアム「Global Payments Steering Group(GPSG)」に参加すると発表した。

「GPSG」は、様々な金融機関が米Ripple社のソフトウェアをスムーズに導入できるように、基本となる標準ルールを策定し、普及させることを目的に発足したコンソーシアム。

米Ripple社が開発している海外送金ソリューションは、インターネット通信プロトコルを採用しており、決済実行前・実行後の銀行間通信機能と、即時決済・着金を実現する機能を有している。

このソフトウェアを導入した金融機関同士であれば24時間365日の即時決済が可能となり、すでに世界で約90行が導入・商用化に向けて準備を進めているという。

「GPSG」には、既にバンクオブアメリカ、サンタンデール銀行、スタンダード・チャータード銀行などが参加しているが、三菱東京UFJ銀行はアジア初の参加行になる。

同行では、ブロックチェーン技術を応用したクロスボーダーでのリアルタイム送金等の実現に向けて、「GPSG」参加行と協力して取り組んでいくという。

米Ripple社の海外送金ソリューションが実現化すれば、海外送金手数料の削減が見込まれる。今後の同行の取組みに期待したい。

(参照)三菱東京UFJ銀行のニュースリリース

http://www.bk.mufg.jp/news/news2017/pdf/news0331.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)