Home > ニュース > FinTechニュース > みずほと富士通、VR技術を活用した端末を実証実験
mizuho10.jpg

みずほと富士通、VR技術を活用した端末を実証実験

みずほフィナンシャルグループと富士通は4月17日、Virtual Reality(VR)技術を活用した端末の実証実験を開始したと発表した。

実証実験に用いるのは、米国zSpace社が開発し富士通が販売する、卓上型VRディスプレイ端末。偏光メガネと直感的な操作を実現する操作ペンを使用し、酔いにくく長時間作業できることが特徴だという。

みずほFGと富士通では、VR活用により商品の断面などを立体的に確認することができる新たな購買手法や、購買行動に付帯する金融サービスを体験するデモコンテンツを製作し、VRを活用したサービスの汎用性について仮説検証を行う。

具体的には、仮説検証のツールとして、購買や購買行動に付帯する金融サービス(決済、資産管理等)を体験できる、zSpace端末で動作するVRコンテンツを作成したという。

デモコンテンツは、みずほ銀行八重洲口支店のFinTechコーナーにて、4月17日から6月30日まで展示予定。

(参照)みずほFGのニュースリリース

https://www.mizuho-fg.co.jp/release/pdf/20170417release_jp.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)