Home > 最新の記事 > FinTechニュース > 内外為替一元化コンソーシアムが商用化に向けて体制変更
sbi10.jpg

内外為替一元化コンソーシアムが商用化に向けて体制変更

SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaは4月27日、「内外為替一元化コンソーシアム」において、新たな送金インフラの構築とその商用化に向けた具体的な検討を進めるために、専門のワーキンググループ(WG)を新設したと発表した。

このコンソーシアムは、Rippleのブロックチェーン技術などを活用し、内国為替と外国為替を一元化し、24時間リアルタイムでの送金インフラの構築を目指しているもの。

今回の体制変更では、「IT・システムWG」「内為商用化WG」「外為商用化WG」「仮想通貨・ブロックチェーン先端実験WG」の4つのWGを新設した。

今年度中の商用化開始を目指し、より実務的な議論・環境整備を行うほか、仮想通貨・ブロックチェーンに関する先端的実験を並行して行うことを目的にするという。

また併せて、三菱東京UFJ銀行、岩手銀行、滋賀銀行が新たに参加することも発表された。これで参加金融機関は56行に達する。

全銀システムにおいても現在24時間稼働を目指して開発が進められているが、今回のインフラが実用化されれば、国内為替において有力な代替手段になりそうだ。

(参照)SBIホールディングスのニュースリリース

http://www.sbigroup.co.jp/news/2017/0427_10658.html

おすすめの仮想通貨取引所

コインチェック(Coincheck)

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックは、あの出川がCMで宣伝している日本で一番有名な仮想通貨の取引所です。

また、チャートが見やすく、万が一不正ログインなどがあっても最大100万円までは損失補償がついてきてセキュリティ万全です。

・知名度No.1
・安心安全のセキュリティ
・初心者でも使いやすい

これらから、無料で口座を開設することをオススメします。

GMOやDMMなど、大手の企業がどんどん参入してきているので、仮想通貨の価値が上がっています。

流れに乗り遅れないように早めに登録しておきましょう。

⇒コインチェックの詳細

⇒コインチェック無料口座開設

バイナンス(Binance)

あ

バイナンスは、仮想通貨取引所の中で一番、コインを扱っている数が多いです。
ですから、気になるアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)がある方は、バイナンスに登録しない手はないでしょう。

また、取引にかかる手数料も圧倒的に安く、他の取引所に比べて有利です。

海外の取引所というのが少し気になりますが、今では日本人向けに改良されて、日本語機能も付いているので、コインチェックと同じくらいオススメですね。

⇒バイナンスの詳細

⇒バイナンスの無料アカウント開設

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフはコインチェックほどの知名度はないものの、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならコインチェックやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設