Home > 最新の記事 > システムニュース > 伊予銀行、SCSKの海外店向け国際勘定系システムを導入
orfe01.jpg

伊予銀行、SCSKの海外店向け国際勘定系システムを導入

SCSKは4月28日、伊予銀行のシンガポール支店に対して、海外店向け国際勘定系システム「ORFE-Global」を導入したと発表した。

この「ORFE-Global」は、SCSKの海外拠点向けバンキングシステム「SIBAS」をベースとして、Web対応版として新たに開発したもの。貸付、証券、資金、輸入/輸出為替、送金、預金など、海外店向けに必要な機能を有する。

製品体系としては、バックオフィス業務、フロントオフィス業務の分離に対応しており、勘定系システムを担う「ORFE-G」、フロントの資金/為替管理業務を担う「SMASH」などから構成される。フロントオフィス向け機能は拠点ごとの業態に合わせて選択可能。

従来の「SIBAS」はIBM社製オフィスコンピュータ上での稼働を条件としていたが、「ORFE-Global」ではWebシステム構成を採用した。OS・ソフトウェアについてもオープンソースソフトウェア(OSS)を採用し、初期導入、保守コストを抑制したという。

伊予銀行ではすでに香港支店で「SIBAS」を利用しているが、導入コストの低減、画面のWeb化による操作性向上といった点を評価したとしている。

(参照)SCSKのニュースリリース

https://www.scsk.jp/news/2017/press/product/20170428.html

加藤翔太の特典付き無料メルマガ

加藤さんの無料メルマガでは、有料級の仮想通貨の情報や、その他お金を稼ぐ方法に関して述べられています。

また、このメルマガには

・仮想通貨リップル1万円分または現金1万円分

・世界一周旅行または現金100万円分(抽選1名)

・最新版MacBookまたは、現金10万円

・仮想通貨セミナー(約11時間)

などの特典も付いているので、お得です。

⇒加藤翔太の仮想通貨の無料動画レビュー

⇒加藤翔太の特典付き無料メルマガ登録ページ

おすすめ仮想通貨取引所

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設