Home > 最新の記事 > システムニュース > NSSOL、住宅ローン・法人融資向け電子契約サービスを販売
nssol01.jpg

NSSOL、住宅ローン・法人融資向け電子契約サービスを販売

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は8月4日、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)と協力して、住宅ローン・法人融資業務特化型の電子契約サービスパッケージ「FINCHUB@absonne」の販売を開始した。

この「FINCHUB@absonne」は、NSSOLが提供している、SaaS型の電子契約サービス「CONTRACTHUB@absonne」に、金融機関の住宅ローン・法人融資契約業務向けの機能を追加したもの。

このサービスを利用することにより、金融機関の顧客は、契約時の店頭訪問や契約書面への署名・押印が不要となるほか、24時間いつでもPCやスマートフォン・タブレットからインターネット上で契約ができるという。

また、課税対象となる契約書面を電子化することにより、印紙税も不要になる。金融機関自身も、書類のやりとりの時間の短縮やペーパーレス化が実現できる。

NSSOLが現在提供している「CONTRACTHUB@absonne」は現在、導入企業120社以上、取引先を含めると20,000社以上が利用中で、1か月あたりの新規文書は法人向けに45万件以上が登録されている。