Home > ニュース > FinTechニュース > 三井住友FGとヤフー、FinTech分野で合弁会社を設立へ
smfg.jpg

三井住友FGとヤフー、FinTech分野で合弁会社を設立へ

三井住友フィナンシャルグループ(FG)とヤフーは8月9日、包括的な業務提携を行い、FinTech分野で新たな合弁会社を設立すると発表した。新会社設立は今年9月以降を予定。

新会社では、アプリやサービスの企画・開発、データ分析、デジタルマーケティング等を主な業務とする。

特に、両社が保有する広範なビッグデータを活用して、新たな付加価値を創造する金融サービスの開発を目指す。

両社では、双方の顧客の利便性を高めつつ、新たなビジネスモデルの創出など、幅広く連携をおこなっていくとしている。

本年4月の改正銀行法で、銀行はFinTech企業などに出資が容易になった。メガバンクを中心に、様々なビッグデータを保有する企業との連携事例が増えそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)