Home > 最新の記事 > FinTechニュース > マネーフォワード、貯金アプリ「しらたま」を提供開始

マネーフォワード、貯金アプリ「しらたま」を提供開始

マネーフォワードは9月19日、自動貯金サービス「しらたま」の提供を開始した。

この「しらたま」は、アプリから設定した内容をもとに、連携する銀行の口座に自動で貯金ができるサービス。

資産管理サービス「マネーフォワード」と連携したクレジットカード明細をもとに、「おつり」相当額を自動で貯金できる。また、毎日の貯金額を設定して、自動でメイン口座から貯金専用口座に貯金ができる機能などが提供されている。

さらに、旅行や購入したいものなど貯金の目的や目標金額を設定できるほか、目標到達時にはお金を貯金専用口座からメイン口座に入金することも可能。

現時点では、住信SBIネット銀行の口座のみに対応しているが、今後は、対応金融機関との連携を拡大していくという。なお、住信SBIネット銀行との口座接続には、参照系APIではなく更新系APIを活用する。

おつり相当額を貯金できるサービスとしては、他にfinbeeやトラノコがある。マネーフォワードが参入したことで、競争が激しくなりそうだ。

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)