Home > 最新の記事 > FinTechニュース > マネーフォワード、貯金アプリ「しらたま」を提供開始
shiratama.jpg

マネーフォワード、貯金アプリ「しらたま」を提供開始

マネーフォワードは9月19日、自動貯金サービス「しらたま」の提供を開始した。

この「しらたま」は、アプリから設定した内容をもとに、連携する銀行の口座に自動で貯金ができるサービス。

資産管理サービス「マネーフォワード」と連携したクレジットカード明細をもとに、「おつり」相当額を自動で貯金できる。また、毎日の貯金額を設定して、自動でメイン口座から貯金専用口座に貯金ができる機能などが提供されている。

さらに、旅行や購入したいものなど貯金の目的や目標金額を設定できるほか、目標到達時にはお金を貯金専用口座からメイン口座に入金することも可能。

現時点では、住信SBIネット銀行の口座のみに対応しているが、今後は、対応金融機関との連携を拡大していくという。なお、住信SBIネット銀行との口座接続には、参照系APIではなく更新系APIを活用する。

おつり相当額を貯金できるサービスとしては、他にfinbeeやトラノコがある。マネーフォワードが参入したことで、競争が激しくなりそうだ。