Home > 最新の記事 > FinTechニュース > SBIと米国R3、日本国内で分散台帳技術Cordaの研修を開始
sbi02.jpg

SBIと米国R3、日本国内で分散台帳技術Cordaの研修を開始

SBIホールディングスと米国のR3は10月6日、R3社が金融機関向けに開発中の分散台帳「Corda」について、日本国内でトレーニングプログラムを提供すると発表した。

R3社はブロックチェーン・分散台帳技術に強みを持つ米国のスタートアップ企業。R3社が主導するコンソーシアムには、世界の金融機関等100社以上が参加しており、金融取引を記録・処理するための分散台帳プラットフォーム「Corda」の商用化に向けた準備を進めている。

R3社では、2017年初めから参加金融機関の開発者向けに、Cordaに関して英語によるトレーニングプログラムをニューヨーク、ロンドン、シンガポールの3拠点で提供している。

今回、日本におけるCordaの普及を目的とし、SBIホールディングスと協力して、日本国内でもCorda開発者向けにトレーニングプログラムを提供することに合意したという。

今回のトレーニングプログラムでは、今年10月3日にリリースされたCordaオープンソースv1.0にあわせて、コンソーシアム参加金融機関だけではなく非参加金融機関やソフトベンダー等に対しても、プログラムを提供する。

なお、Corda オープンソースv1.0はAPIの安定性を目的としており、以降リリースされるバージョンは互換性が保証され、開発者は既存のAPI部分を修正することなく、開発を継続出来るようになるという。

加藤翔太の特典付き無料メルマガ

加藤さんの無料メルマガでは、有料級の仮想通貨の情報や、その他お金を稼ぐ方法に関して述べられています。

また、このメルマガには

・仮想通貨リップル1万円分または現金1万円分

・世界一周旅行または現金100万円分(抽選1名)

・最新版MacBookまたは、現金10万円

・仮想通貨セミナー(約11時間)

などの特典も付いているので、お得です。

⇒加藤翔太の仮想通貨の無料動画レビュー

⇒加藤翔太の無料メルマガ登録ページ

おすすめ仮想通貨取引所

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設

バイナンス(Binance)

あ

バイナンスは、仮想通貨取引所の中で一番、コインを扱っている数が多いです。
ですから、気になるアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)がある方は、バイナンスに登録しない手はないでしょう。

また、取引にかかる手数料も圧倒的に安く、他の取引所に比べて有利です。

海外の取引所というのが少し気になりますが、今では日本人向けに改良されて、日本語機能も付いているので、コインチェックと同じくらいオススメですね。

⇒バイナンスの詳細

⇒バイナンスの無料アカウント開設