Home > 仮想通貨 > 超新塾アイクぬわらによるビットコイン(仮想通貨)の解説!

超新塾アイクぬわらによるビットコイン(仮想通貨)の解説!

アイクぬわらとは?

アイクぬわらは、お笑い芸人の超新塾の中の1人なのですが、元大手証券会社「ゴールドマンサックス」に勤務していた超エリート
でもあるのです。

そして現在は、生活費から給料まで全て、ビットコインでやりくりしている芸能界随一のビットコインマニアなのです。
そんなアイクぬわらが、ビットコイン(仮想通貨)に関して、解説していたのでその内容をお伝えします。

そもそも仮想通貨、ビットコインとは?

仮想通貨とは、インターネット上で使用する通貨。
硬貨や紙幣は存在しません。

仮想通貨はゲームなどで使用されるコインの現実版と考えれば分かりやすいでしょう。
例えば、ビットコインは日本円やアメリカのドルで買うことができ、1単位1ビットコインで数えます。

1ビットコインはいくら?

ビットコインの価格はその時によって大きく変動しますが、アイクぬわらがビットコインのことを解説していた頃で大体、1ビットコイン50万円くらいです。

ビットコインの最低取引量

ビットコインは0.001ビットコインから取引することが出来ます。
わざわざ、1ビットコイン買う必要はありません。

アイクぬわらが解説している時期で考えれば0.001ビットコインで約500円なので、日本人なら誰でも取引可能な価格ですね。

ビットコインで物を買うことが出来る店がある

日本ではすでに、ビットコインで決済が可能な店がたくさんあります。
例えばビックカメラは全店舗、ビットコインで決済することが出来ます。

他にはキャバクラなどではほぼ、ビットコインでの決済が可能となってます。
2017年はビットコイン元年と呼ばれていて、国がビットコインでの支払いを法律的に認めました。

ビットコイン決済方法

お店に設置されているタブレットなどのレシートにQRコードがあります。
そのQRコードをスマホでスキャンすれば、一瞬で支払うことが可能です。

ネット環境がなくても、繋がった時点で決済されます。

手数料がめちゃくちゃ安い

決済だけなら日本円だけで十分なように感じますが、ビットコインは手数料が圧倒的に安いという大きなメリットがあります。

クレジットカードだと、カード会社を通すので手数料がかかりますが、ビットコインはお店と直接決済なので、手数料がほぼかかりません。

例えば銀行で国内なら数百円、海外なら数千円かかってしまいますが、ビットコインは国内でも海外でも、数十円で済んでしまいます。
何故なら、外国へ行ったり、振り込む場合でもドルやユーロ、ウォンなどに変える必要がなく、ビットコインのまま振り込むことが出来るからですね。

ビットコインは店によれば割引もある

さらに、アメリカのスターバックスなどだと、ビットコインで支払うと20%オフがついてきます。
これには、ビットコインの時々の情勢で価値が変動するカラクリが深く関わっています。

ビットコインは今、1日で数万円も値動きすることもあります。
となれば、割引してもお店側はビットコインが値上がりすることを知っているので、損しませんよね。それを見越しての割引なのです。

チャートで学ぶビットコインの価値変動

ビットコインは2013年の時点では1ビットコイン約7000円でしたが、2017年の10月には約50万円まで上がっています。

要するに、2013年に10ビットコイン(約7万円)買ってれば、2017年には約500万円になっていたというわけですね。
日本円に替えれば、もちろんその分のお金を手に入れることが出来ます。

今回、アイクぬわらの解説に紹介した斎藤幸一さん(仮名)は4年前に50ビットコイン所持し、持っていただけで約2500万円も膨れ上がっています。

しかしながら、大損ぶっこいた人もいます。
今回紹介された峰松浩樹さんは、約3000万円を失いました。

これは、マウントゴックス社の取引所がハッキングされ、倒産してしまったことが関係しています。
峰松さんは、このマウントゴックス社の取引所に全てのビットコインを預けていたことにより、強盗に遭って全部失ってしまったのです。

まさに、天国と地獄ですね。

ビットコインの管理の仕方でメリット・デメリットが違う

ではなぜ、斎藤さんは失っていないのか?というと、マウントゴックス社の取引所に預けていなかったからなのです。
斎藤さんは取引所に預けず、ビットコインを自分で管理していました。(タンス預金)

例えるなら、自分の家のタンスにビットコインを入れていたと考えれば分かりやすいでしょう。
ただし、タンス預金にもデメリットがあり、パスワードを忘れてしまうと、自己管理していたビットコインは全て失ってしまうので、それはそれでリスクでしょう。

その反面、取引所に預けておけばパスワードを忘れた際でも再発行することが出来ます。

まとめ

アイクぬわらはカタコトで分かりにくいように見えますが、意外と分かりやすい解説でした。
元SMAPの中居やプロによる要約も入っていたので、非常に解りやすかったです。

あなたがもしビットコインを購入したいと思うなら、

・コインチェック
・ビットフライヤー
・Zaif

この3つの取引所を利用すると良いでしょう。
かなり大きく、日本でも有名な取引所なので、セキュリティもしっかりしていますし、なによりパスワードを再発行することが出来るので安心です。

また、取引所によって価格が変動することもあるので、3つの口座を開設しておくと便利でしょう。
もちろん、口座開設は無料です。