Home > 仮想通貨 > ヘンプコイン(大麻コイン)の評判や特徴、動向
あ

ヘンプコイン(大麻コイン)の評判や特徴、動向

ヘンプコインとは、大麻の取り扱いのためのコインです。
ヘンプは、大麻を意味します。

これが本当の草コインですね。

そもそも、草コインという名はヘンプコインが発祥だという話もあるくらいです。

ヘンプコインのチャート

あ

右肩上がりですね。
11月の時点では3円くらいだったのが、1月には80円近くまで伸びています。

26倍ですね。

ヘンプコインの評判

価格が上がる可能性は案外ある

日本では大麻の使用は違法ですし、「大麻=悪」というイメージが根付いていますね。

名前にも麻薬の「麻」が入っていたりして、いかにも吸ったら精神的にハイになり、中毒性があって身を滅ぼしそうな薬物っぽい感じがします。

実際、日本では個人でも医療用としてでも使用してはいけないという規制がありますしね。

ですが、世界では大麻は医療用として当たり前のように使われています。

例えば、がんの治療にですね。
大麻に含まれているTHCが、食欲を増進させます。

がん患者というのは、どうしても食欲が減り、体重がどんどん落ちてしまいます。
そこで、大麻のTHCにより、体重を取り戻すことが出来ます。

他にも、大麻に含まれているCBDは、難治性のてんかんや過食症に効くとされています。

また、個人が使用することを合法とする国もたくさんありますね。
現に、コロラド州などでは普通に店に売られています。

元米大統領のオバマも、「大麻はアルコールほど危険ではない」と公言しているくらいですしね。

大麻の本当の効果を理解できる動画

というか、日本でも戦前は使われていました。
なら、何故?日本では禁止されているのかというのは、色んな説がありますが、明確には分かっていません。

ただ明らかなのは、大麻は身体に悪く、人間の精神を崩壊させるものではなく、むしろ、病気の治療に役立つものということですね。

医療用に使えるということは日本は置いといて、世界ではどんどん大麻が解禁される可能性があるということですよね。

現に、カリフォルニア州では2016年から大麻が合法化され、2018年の元旦から解禁となります。

と考えると、大麻の取り扱いのために使用するヘンプコインの価値も上がり、これから値上がりする可能性は全然ないことはないですね。

というか、世界的に見ると、どんどん解禁されていくような流れなので、価格が上がるまえにチェックしておいたほうがいいとも言えるでしょう。

ヘンプコインが扱われている取引所

もちろん、大麻を実際に使用したり所持するわけではないので、ヘンプコインによる売買をおこなっても逮捕されたりしません。

ヘンプコインが扱われている取引所は、いまのところBittrexくらいですね。

人気がもっと出れば、今後、数多くのコインを扱っているクリプトピアや、バイナンスで扱われる可能性はあります。
なので、欲しい人は口座を開設しておきましょう。

ただ海外取引所でしか取り扱っていないので、日本円でいきなりコインを購入することは出来ません。

ですから先ず、国内の取引所で円から取引ペアとなるビットコインを購入し、いずれかをBittrexに送金してから、お目当てのコインを購入するという流れになります。

ビットフライヤーZaifなどの国内取引所でビットコインを買う⇒Bittrexに登録⇒国内取引所からBittrexにビットコインを送金⇒ビットコインでヘンプコインを購入

この流れですね。

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ