Home > 仮想通貨 > 仮想通貨取引所のセキュリティ対策は銀行より数倍難しい!
あ

仮想通貨取引所のセキュリティ対策は銀行より数倍難しい!

セキュリティと言うと、何を思い浮かべますか?

・情報セキュリティ
・物理的セキュリティ(監視カメラなど)
・警備セキュリティ(セコム、アルソックなど)
・テロ対策セキュリティ
・食品安全セキュリティ

など、セキュリティにはたくさんあります。

ちなみに、1月26日、コインチェックが引っ掛かったのは情報セキュリティです。

コインチェックの場合はホットウォレットにコインを入れていたのが盗まれた原因ではあるものの、それでなくても、仮想通貨のセキュリティ対策というのは、かなり難しいです。

詳細↓

コインチェック、業務改善命令を出される!今後の行方は?

具体的にどう難しいのか?お伝えします。

情報が漏えいしないということはあり得ない

日本の法律では、法律で求められているセキュリティ対策の基準を事業者が満たしてさえいれば、罰は与えられません。

何故なら、情報が漏えいしないということは、あり得ないからです。

強力なハッカーというのはいくらでもいて、彼らを相手にすると、どんなセキュリティ対策をしても漏れてしまいます。

例えば、陸上自衛隊や航空自衛隊など国の機関も、中国などからサイバー攻撃を受けて、情報を盗まれたりしていますよね。

参考:http://www.sankei.com/affairs/news/161128/afr1611280003-n1.html
ですから、情報というものは100%盗まれないなんてことは、無いのです。

情報セキュリティの3大要素

あ

情報セキュリティには、3大要素があります。
その3第要素を、「CIA」と呼びます。アメリカのCIAとは、また別です。

C:機密性
I:完全性
A:可用性

これら3つで出来ています。

Cの機密性は、仮想通貨の取引所で言えば、二段階認証や、ワンタイムパスワードなどの本人認証のための情報アクセス制限のことです。

指紋や顔の認証もこの機密性にあたります。

Iの完全性は、サーバーの情報が改ざんされないようにするためのセキュリティです。

Aの可用性は、システムがダウンしないようにするためのセキュリティです。
24時間365日使えるようにするのがこのAですね。

この3つをまんべんなく、対策することを、情報セキュリティの3大要素と言います。

銀行はハッキングされても大丈夫

このうち一般の銀行は、Iの完全性とAの可用性のみ行っています。
特に完全性をしっかりやっていて、1秒ごとに顧客のバックアップを取っています。

なぜ、IとAだけなのか?というと、銀行にはネットにお金が存在しないからです。

銀行が保管しているのは、現金ですよね?ですから、データ(情報)を盗まれたところで、お金を失うということが先ずないのです。

なので、銀行のシステムに侵入しても仕方ありません。

その反面、コインチェックやビットフライヤーなどの仮想通貨取引所には、仮想通貨(暗号通貨)というリアルマネーが実在しますよね?

ただの情報ならまだしも、仮想通貨の場合はお金ですから、盗まれてしまうと終わりです。

だから、仮想通貨取引所は、銀行よりも、より強固なセキュリティ対策をとり、仮想通貨を盗まれないようにしなければならないというわけです。

そして、銀行よりも強固なセキュリティ対策をとるのは、かなり難しいとされています。

その難易度は、前代未聞レベルです。今までのセキュリティ対策の概念を覆すようなセキュリティでないといけません。

先ほど述べたように、自衛隊の情報でさえハッキングされるくらいですしね。

あのひろゆきも述べてますね。↓

ひろゆきがビットコインは長期的に見るとダメになるとしか思えない理由!

盗まれないようにする方法

ただ、自分さえ気を付けておけば、被害は最小限に抑えることが可能です。

・多数の取引所に資金を分散する

・ハードウェアウォレット

これらが大事ですね。
特に、大金を稼いだ場合は、行った方が良いです。

ハッカーに盗まれないようにする具体的な方法↓

ハッカーから仮想通貨を盗まれないようにする方法!

加藤翔太の特典付き無料メルマガ

加藤さんの無料メルマガでは、有料級の仮想通貨の情報や、その他お金を稼ぐ方法に関して述べられています。

また、このメルマガには

・仮想通貨リップル1万円分または現金1万円分

・世界一周旅行または現金100万円分(抽選1名)

・最新版MacBookまたは、現金10万円

・仮想通貨セミナー(約11時間)

などの特典も付いているので、お得です。

⇒加藤翔太の仮想通貨の無料動画レビュー

⇒加藤翔太の無料メルマガ登録ページ

おすすめ仮想通貨取引所

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設

バイナンス(Binance)

あ

バイナンスは、仮想通貨取引所の中で一番、コインを扱っている数が多いです。
ですから、気になるアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)がある方は、バイナンスに登録しない手はないでしょう。

また、取引にかかる手数料も圧倒的に安く、他の取引所に比べて有利です。

海外の取引所というのが少し気になりますが、今では日本人向けに改良されて、日本語機能も付いているので、コインチェックと同じくらいオススメですね。

⇒バイナンスの詳細

⇒バイナンスの無料アカウント開設