Home > 仮想通貨 > ビットコインFX(仮想通貨FX)の長期トレードで実際に稼ぐ方法

ビットコインFX(仮想通貨FX)の長期トレードで実際に稼ぐ方法

長期トレードは短期とは違い、ずっとチャートを見ないで良いというのが、最大のメリットとなります。

常にチャートが気になる状態だと

・本業がおろそかになる
・家族の関係に悪影響を及ぼす
・寝不足になる

これらのようになりがちです。

ですが、長期トレードなら常にチャートが気になるような精神状態に陥らないので、これらのようにはなりません。

必要なときだけ見て、頃合いになれば利確すればいいのです。

今回は、仮想通貨FXの長期トレードで実際に稼ぐにはどうすればいいか?などをお伝えします。

成熟しきっていないBTCの特性を活かす

BTCの適正価格はいまだにいくらか?明確ではありません。

BTCは、上がった時にはバブルと言われ、下がってもまた上がるといった動きをずっと続けています。

最近では1BTCの価格が60万くらいまで下がってましたが、また100万円まで復帰しましたね。

あ

ビットコインFXの長期的なトレードでは、このようなBTCの特性を活かします。

低いレバレッジをかけて放置する

短期的なトレードが苦手な方は、BTCに5倍~10倍くらいの低いレバレッジをかけ、放置しておくのが良いでしょう。

例えば、↓のように1BTCの価格が20万円くらいの時に原資10万円で10倍のレバレッジをかけた場合、100万円分のBTCが買えます。

あ

その場合、1BTC約20万円のコインを5枚(5BTC)で取引することになります。

半年間放置しておけば、↓この期間だと1BTC約80万円になっています。

あ

ですから、建てていたBTCは100万円分なので、400万円。
つまり、300万円の利益となります。

ロスカットが怖い方は5倍くらいに留めておきましょう。
それでも150万円程度の利益は出たことになります。

さらに、↑のチャートを見れば分かる通り、一度も買値の20万円を割っておらず、ずっと含み益です。

ただこれは、運が良い方だと思います。

また、高いレバレッジをかけると、ボラティリティの高いBTCだとすぐにロスカットを食らいます。

例えば、元手10万円でBTCが50万円のときに10倍のレバレッジをかければ100万円分のBTC(2枚)を買うことになります。

BTCに1万円の値動きがあると、2%価格が変動することになるので、100万円分の取引をしている場合は20000円分の値動きがあるということになります。

元手が10万円なので、BTCの価格が45万円(10%下落)まで下がると、元手が0円になります。
この時点で取引終了です。

ですが、その前にロスカットをくらうことになるので、実際にはもっと早めに取引が終わってしまいます。

例えば、取り扱っている取引所の証拠金維持率が75%なら、元手が75000円(2.5%下落)になると強制決済されますし、証拠金維持率50%なら、元手が50000円以下(5%下落)になれば強制決済されて終了です。

特に、ボラティリティ(価格変動率)の高いBTCは数時間で数万動くこともザラなので、2%~5%の値動きは日常茶飯事です。高いレバレッジをかけてトレードすれば、一瞬でロスカットされることでしょう。

ただこれがレバレッジ5倍なら、値動きも1/2なので、ロスカットされる確率も先ほどの1/2で済みます。
ですから、長期トレードをするなら、ローレバレッジでいきましょう。

また、長期で取引するならロスカット率は低い方が良いですね。

なので、個人的には証拠金維持率20%のビットバンクトレードが良いと思います。

証拠金維持率20%なら、先ほどのように元手10万円、レバレッジ10倍でも8%の下落まで耐えることが出来ます。(BTC価格が50万円とすれば、4万円の値動きまで耐えれる。)

さらに、ザイフやビットフライヤーには普通にある追証が、ビットバンクトレードにはありません。

追証がないということは、急な大暴落や高騰によって証拠金以上の損失があったとしても、追加でお金を入れなくて良いということです。

ですから、ビットバンクトレードはオススメですね。

⇒ビットバンクトレードの詳細

レバレッジをかけるときはタイミングが全て

長期トレードをする際、レバレッジをかけるときは元手を割らないタイミングを意識しましょう。

レバレッジをかける基本的なタイミングは例えば

・ハードフォーク

・暴落

これらの情報を知ることが大事ですね。

ハードフォーク

通貨名 ハードフォークされた日
ビットコインキャッシュ(BCH) 2017年8月1日
ビットコインゴールド(BTG) 2017年11月13日
ビットコインダイヤモンド(BCD) 2017年11月24日
スーパービットコイン(SBTC) 2017年12月13日
ライトニングビットコイン(LBTC) 2017年12月23日
ビットコインゴッド(GOD) 2017年12月25日
ビットコインプライベート(BTCP) 2018年2月28日

2018年の3月までだと、ビットコインはこれほどのハードフォークがありました。

ハードフォークの際は、基本的にビットコインの価格が下落します。

例えば、ビットコインキャッシュ誕生時ですね。

あ

ただ、この数日後に上昇しています。

ビットコインゴールドの時は、60万円を割りましたしね。

あ

しかし、2日で元に戻っています。

つまり、ハードフォーク直前に購入せず、ハードフォークして下落した瞬間に購入すれば良いということになりますね。

このように、ハードフォークの時期を事前に知っているだけで、レバレッジをかけるタイミングがある程度分かります。

またこれはビットコインだけでなく、ほかの通貨にも応用できますね。

例えば、イーサリアムならイーサリアムクラシックなどですね。

ちなみに、アルトコインもレバレッジ取引が可能です。

⇒アルトコインのレバレッジ取引が行えるのはBitMEX

暴落

暴落する理由はたくさんあります。

例えば、誰もが知っているGOX事件もそうですね。

これらによる暴落時、買いましょう。

「歓喜で売って悲鳴で買う」

この言葉の通りです。

大口投資家は、こういったネガティブな情報が入ると嬉しくてたまりません。

例えば、あの与沢翼もBTCが120万から90万円まで暴落したとき、5億円分購入しています。

あ

参考:https://www.youtube.com/watch?v=9MRsUQ5NDA8
(27:50あたり)

何故なら、安い価格で大量に買うことができるからです。

ここで狼狽えて売ったり、上がって騒がれているときに買うようでは、養分でしかありません。

大口投資家ならどうするか?を考えて立ち回れると良いですね。

暴落するときの具体的なタイミング↓

ビットコイン(仮想通貨)が暴落した時に出来ること

長期トレードをするとスワップポイント(金利)がとられる

長期トレードをすると、スワップポイント(金利)をずっととられてしまいます。

取引所 スワップ手数料
ビットバンクトレード 無料
ビットメックス -0.01%~0.01%
Zaif 0.039%/日
ビットフライヤー 0.04%/日
GMOコイン 0.05%/日
DMM Bitcoin 0.05%/日

このように、ザイフやビットフライヤーだと、日ごとに0.04%とられます。

何日もトレードするとなると、バカにできない費用になります。
例えば100万円のポジションを持っているなら、日ごとに400円なので、10日で4000円。30日で12000円とられます。

しかし、ビットバンクトレードならスワップポイントがタダです。

上記で説明した通り、証拠金維持率的にも、スワップポイント的にも、長期トレードをご検討の方にはビットバンクトレードをオススメします。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の使い方や特徴、登録方法!

まとめ

稼ぐことができる人がいるということは、負けている人も必ず存在します。

負ける人がいるから稼ぐことができ、胴元も儲かるわけです。

また、ビットコインはまだまだ成熟しておらず、いつどうなるか?分からないので、仮想通貨市場の状況を常に意識し、ババ抜きがいつなのか?というのは察知してヤメ時を把握しておいたら良いですね。

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ