Home > ICO > ICO「CryptoAds Marketplace」の参加方法や将来性
あ

ICO「CryptoAds Marketplace」の参加方法や将来性

CryptoAds Marketplaceの概要

トークン名 CRAD
公式ページ https://tokensale.cfc.io/
ホワイトペーパー https://tokensale.cfc.io/WP_cfc_1EN.pdf
為替レート 1USD=1CRAD
参加可能通貨 BTC, ETH, LTC, USD

ICO情報

期間 レート
2018年4月4日~5月15日 0.7USD(10,000CRAD=7,000USD)
2018年5月15日~5月24日 0.7USD(1000CRAD=700USD)
2018年5月24日~5月31日 0.85USD(1000CRAD=850USD)
2018年5月31日~6月16日 0.95USD(500CRAD=475USD)
2018年6月16日~7月17日 1USD(100CRAD=100USD)

⇒ICO参加ページ

広告プラットフォーム

CryptoAds Marketplaceは、AIとブロックチェーン技術を搭載した分散型の広告プラットフォームです。

・ブランド広告
・デジタル広告
・マーケティング担当者
・出版社

これらのために透明性のあるトランザクション(取引データ)を記録し、無駄にかかる手間やお金を省くことを目的としています。

2018年~2020年にかかる広告費用

あ

世界のデジタル広告費は、2018年~2020年で2兆698億5000万ドルを費やす計算になります。

広告費用が高くつく理由は、

・広告が出来上がるまでにかかる手数料によるもの

・不正な広告収入

などがあげられます。

広告が出来上がるまでにかかる手数料によるもの

あ

広告が出来上がるまでの一連の流れ(バリューチェーン)で、手数料を何度もとられます。

不正な広告収入

あ

不正な広告収入は例えば

クリック農場  

自動BOT(ボット)

不正トラフィック

などがあげられます。

これらによりクリック回数を上げて、不正に収入を得ることができます。

不正なトラフィック、またはボットによって自動的に生成されたクリックによる世界的な広告収入の量は2017年に164億ドルに達した
とされています。

参考:http://news.solvemedia.com/post/70487101632/us-bot-traffic-q4-2013

これらの事実を知っているのは、データを監査している仲介業者ですが、仲介業者が正しく監査しているかどうか?は確認することができません。

ですから、広告主は広告にかかっている具体的な費用を細かく分析することは不可能なのです。

イーサリアムブロックチェーンで不正クリックをなくす

CryptoAds Marketplaceでは、イーサリアムブロックチェーン(Ethereum Blockchain)が採用されています。

大企業が使用するクッキーやSDKよりも確実に不正行為から保護することの出来るシステムなので、先ほどあげた不正な行為はもちろん、不正に高評価を与えるということも防ぎます。

具体的に言うと、CryptoAds MarketplaceをおこなっているCFC.io Company(CFC)が現在の残高と将来のすべての取引をスナップショットしてブロックチェーンに変換します。

CFC:https://cfc.io/

CryptoAds Marketplaceで広告掲載をおこなう流れ

CRADトークンで広告費用をカバーしたうえで、新しい顧客を獲得する機会を製造業者や代理店に提供します。

広告主は、広告スペースと引き換えに、CRADトークンを支払い手段として使用し、広告コンテンツとメディアを作成してターゲットユーザーに提供します。

その際、広告の配信場所や方法を指定することも可能です。

出版社は、CRADトークンと引き換えに、広告主がWebサイトに作成したコンテンツを表示することに同意します。

サイト運営者は、

・クリック単価
・インプレッション単価
・広告タイプとジャンル
・価格帯
・表示時間の長さ

など、表示しようとする広告の条件を指定できます。

ユーザーは、CRADトークンでコンテンツを消費します。

さらにユーザーは、広告の商品について意見したり共有し、提案された活動に参加することによって、内部でトークンの報酬を得ることが出来ます。

現在、すでにCFC.io Companyには70000人を超える登録ユーザがいて、内部でユーザーに報酬を与えています。

CFCといえばこのアプリです。↓

あ

参考:https://itunes.apple.com/app/id506916707?mt=8●https://play.google.com/store/apps/details?id=com.callsfreecalls.android

広告業界の市場規模と今後

広告業界は

ネイティブオンライン広告⇒2021年までに36億ドル

オンライン調査⇒~400億ドルの市場規模

ビッグデータ分析⇒市場規模は232億ドル

このようになっていて、CryptoAds Marketplaceは市場規模の1%を達成することを目標にしています。

⇒ICO参加ページ

登録方法

⇒登録ページ

1.SIGN UPを選択します。

あ

※クリックで拡大

2.必要事項を入力し、チェックを入れてCONTINUEを選択します。

あ

3.登録したメールアドレスにこのようなメールが届くので、ログインしてください。

あ

4.再確認します。

あ

5.この画面が表示されれば、登録完了です。

あ

購入方法

1.KYCを選択します。

あ

2.必要事項を入力し、「SUBMIT TO KYC」をクリックします。

あ

a

※証明書の部分で記入する名前は必ず証明書と同じにしてください。

3.正常にKYCの登録が完了すれば、購入可能です。
STEP1では、欲しい数量の金額を計算することができます。

あ

4.STEP2では、購入するために、BTC, ETH, LTC, USDのいずれかの通貨を選択し、表示されたアドレスに欲しい数量だけ通貨を送金します。

あ

5.STEP3では、送った分だけ、トークンを購入することができるので、送った数量を入力し、「BUY NOW」をクリックします。
これで、購入完了です。

a

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ