Home > ICO > ICOの本人確認(KYC)とよく見るホワイトリストの登録方法や注意点

ICOの本人確認(KYC)とよく見るホワイトリストの登録方法や注意点

ICOはブロックチェーンを利用したプロジェクトの開発のために、企業や団体がトークンを上場前に発売し投資家はそれを購入します。

仮想通貨の世界ではこのICOが大変注目され、開発側にも投資家側にもメリットがるシステムです。ICOに参加するためにはKYCと言われる本人確認やホワイトリストが必要になります。

今回はその必要アイテムについて詳しく解説します。

ICOは仮想通貨を利用した画期的資金集め

ICOが画期的と言われる理由は、プロジェクトを立ち上げたいと思っている小規模の会社や団体でも、プログラミングしたトークンをプレオープンすることで、資金を集めることができます。

プレオープンしただけではたくさん購入してもらうことはできないので、広く宣伝したり、イベントに参加する必要はあります。

プロジェクトが優秀なものなら、多くの投資家や企業が注目し、上場後はトークンの価値が何倍にも跳ね上がる可能性はあるので、プレオープンの時に購入した投資家にとっても、有意義な投資になったと言えます。

投資家にとってはそういった有能なICOを上場前に安く購入できるのが、最大のメリットです。仮想通貨を始めて、そろそろICOにも参加してみたいと考えるのは自然な流れです。

ICOに参加するために必要なアイテム

あ

ICOに参加するためには、ただICO宛に仮想通貨を送れば良いというわけではありません。仮想通貨を送って、その後、プレオープンされているトークンを受け取ることが目的です。

専用ウォレットの作成

まずは行われているICOが何の仮想通貨ベースで行われているかを把握しましょう。大抵がイーサリアムのブロックチェーンを利用して開発されているERC20と、ネムベースのMOSAICがあります。

ベースにしている仮想通貨が対応しているウォレットを作成しましょう。

イーサリアムベースの場合は、「マイイーサウォレット」が主流です。

取引所のウォレットには対応していない場合が多いので要注意です。また取引所で購入した仮想通貨は、作成したウォレットに移動してから、ICOのサイトへ送りましょう。

・ICOを行なっている事業者のホームページにいき、アカウントを作成する。
メールアドレスとパスワードを作ればOKです。

・Telegram(レテグラム)というコミュニケーションツールのアカウント(必要かどうかはそのICOによって異なります)

・ホワイトリスト:そのICOによってやり方は異なり、ICOのホームページに入って手続きを行います。基本的に個人情報の登録になります。

・KYC(本人確認):銀行などの金融機関などが顧客の身元を証明するためのもので、銀行に問い合わせをして発行してもらいます。

発行には事前準備が必要になるので、予め調べておきます。KYCが必要かどうかはICOによって異なります。

ホワイトリストの登録の仕方について

ホワイトリストは個人情報の登録になりますが、これはそれぞれのICOのホームページにいきそこで登録を行います。ICOによっては指定しているテレグラム(コミュニケーションツール)でアカウントを作ることを要求されます。

今回はGlobal Open League(GOL)というICOのホワイトリストの登録の仕方をご紹介します。

2018年5月からトークンセールが始まっています。
このICOはEスポーツ(アジアオリンピックの新種目にもなっている、対戦型コンピューターゲーム)をGOLトークンで行うことで、誰もが公平な対戦ができ、収益をプレイヤーに還元することを目的としたプロジェクトです。

GOLのサイトに行くと「WHITELIST」というページがあるので、そこを開きます。
名前、苗字、メールアドレス、電話番号、住所は番地から書きます。アパートやマンションの場合は建物名と部屋番号から入力します。といった具合に自分の個人情報をローマ字で入力していきます。

あ

下まで入力すると、UPLOAD ADDRESS PROOF(住所証明書)とUPLOAD IDENTIFICATION PROOF(身分証明書)と表示が現れます。

UPLOAD ADDRESS PROOF(住所証明書):これは住民票でも大丈夫です。

または3ヶ月未満の水道や電気などの公共料金の支払い明細書か、もしくはパスポートの裏側に記入した住所でも可能です。それらをアップロードします。

UPLOAD IDENTIFICATION PROOF(身分証明書):これもパスポートかもしくは国際免許証をアップロードします。

あ

アップロードをして下にスクロールをすると、イーサリアム「ETH」が表示されているのが分かります。表示されている3つの中から、購入予定のETHの数量に当てはまるものにチェックを入れます。

その下の「Message」は未入力でOKです。
最後に「SUBSCRIBE」をクリックすれば提出は完了です。これでGOLのホワイトリストの登録は完了です。このようにホワイトリストの登録は各ホームページからの提出になります。

ホワイトリストの登録の仕方はそれぞれ違う

上記のようにホワイトリストのページに個人情報を入力して行くパターンもありますが、中にはそのICOの公式テレグラムに予め参加登録しておき、そこでいくつか質問に答えることでホワイトリストの登録作業になるパターンもあります。

ABYSSというICOは予めテレグラムのアカウントを持っている必要があります。日本語にも対応している点が大きなメリットです。テレグラムに参加登録を行いABYSSの「WHITELISTING」にいき、登録作業を進めます。

このようにICOでホワイトリストの登録を求められたら、指示に従って登録しましょう。

これを忘れたり、アップロードした書類と入力した内容が異なると、トークンがもらえないか可能性もあるので、確認も怠らずに入力しましょう。

KYCと言われる身元証明書とは

KYCとは「Know Your Customer」という言葉の略で、銀行や送金業者などの顧客の身元を証明するための「英字の銀行残高証明書」になります。

これは顧客の身元を証明しておくことでマネーロンダリング防止のためでもあります。

KYCの発行は各銀行の窓口に行って行います。

用意するもの

・通帳もしくはキャッシュカード
・お届け印
・本人確認書類(免許証など)

楽天やジャパンネット銀行などのインターネット上で作れる銀行口座の場合、届け印がない場合があるので、そういった場合はパスワードが必要になり、ネットからの申請になります。

上記の物を用意し、銀行で手続きもらうことで7〜10日ほどで発行されます。
発行には時間がかかるので、前もって準備しておくのがいいでしょう。また発行手数料がかかります。

あ

ICOのKYC登録手続きで必要なもの

ICOによってはホワイトリストと同じでKYCの提出を行なっていないICOもあります。
そういったものは気軽に参加できるICOではありますが、KYCまで行なっているICOはそれだけ信頼できるプロジェクトとも言えます。

銀行で銀行残高証明書を発行してもらったら、そのICOへ実際に提出をします。
提出の際に必要なものは

・パスポートか国際免許証(日本の運転免許証を持って入れば、免許センターで発行することが可能です)

・英字の銀行残高証明書また、所在確認のために公共料金の支払い明細書も必要なケースがあります。

これらの書類をそのICOのサイトからアップロードします。
中にはアップロードした上で、個人情報を入力するパターンもあるので、それぞれのICOに従いましょう。

ICOのKYCで注意する点

上記でもいったようにKYCの提出がないICOもあります。電気代や水道代などの公共料金明細の提出もICOによって異なるので、その時の指示によって臨機応変に対応しましょう。

ここで要注意なのが、KYCの登録の際に身分証明書のアップロードと入力があった場合に、アップロードしたものは日本の免許証だったとします。

入力はローマ字で行なったとします。しかしそれでエラーが出てしまうケースもあります。

システムが自動認証の場合、そのまま日本語で入力する場合もあります。
何故、エラーになっているのかさまよっている間に、先客のICOの場合は間に合わなくなってしまうケースもあるので、エラーが出た際は慌てずに何が間違っているのかを確認しましょう。

ICOへのホワイトリストとKYC登録の大まかな流れ

ここでICOに参加するための大まかな流れを確認しておきましょう。

①そのICOのホームページにアクセスし、メールアドレスとアカウントの作成

②トークンを受け取るために作成した、ウォレットのアドレスを登録

③ホワイトリストの登録(個人情報を入力して登録します)
公式テレグラムに参加してから行うICOもあります。

④身分証明書の写真をアップロード(運転免許証、パスポート、銀行残高証明書などになります)
中には身分証明書を持った自分の写真が必要な場合があります。

上記が大まかな流れになり、細部がそれぞれ異なる場合もあります。
ちゃんと登録ができていれば、無事にトークンがアドレスに送られてくるはずです。

ホワイトリストとKYCの登録についてのまとめ

ICOに参加するためにはアカウントとウォレットだけが必要と思われがちですが、身分証の提出を求めているICOもあります。

人気のあるICOによっては24時間以内で終了してしまうものもあるので、いざ参加の時に書類が揃わないということがないように、予め書類を用意しておくのがいいでしょう。

またICOに参加する場合は、そのICOが詐欺ではないことはもちろん、ちゃんと信頼でき社会に役立つプロジェクトかどうかも見極めてから参加を決めましょう。

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ