Home > 最新の記事 > FinTech(フィンテック)ニュース > 楽天、日本国内スタートアップ企業向けに100億円のVCファンドを設立

楽天、日本国内スタートアップ企業向けに100億円のVCファンドを設立

楽天グループのベンチャーキャピタルであるRakuten Ventures(本拠地:シンガポール)は1月27日、日本国内において、運用資産額100億円のベンチャー・キャピタル・ファンド「Rakuten Ventures Japan Fund(楽天ベンチャーズ・ジャパン・ファンド)」の運用を新たに開始したと発表しました。

今回の「Rakuten Ventures Japan Fund」では、「アーリーステージ」や「グロースステージ」にある、インターネット関連事業を展開する日本のスタートアップ企業を中心に投資するとのことです。

対象となる企業には、旺盛な起業家精神と先見性のある技術やビジネスモデルを求めており、さらなる成長を促すため、楽天グループ内の既存の技術やプラットフォームの活用などによるサポートも提供するとしています。

以下に、Rakuten Venturesのニュースリリースを引用します。

Rakuten Ventures、運用資産額100億円の「Rakuten Ventures Japan Fund」を設立
– 日本国内のスタートアップ企業を対象にしたベンチャー・キャピタル・ファンド –

Rakuten Ventures
2016年1月27日

楽天グループのベンチャーキャピタルであるRakuten Ventures(本拠地:シンガポール)は、日本国内において、運用資産額100億円のベンチャー・キャピタル・ファンド「Rakuten Ventures Japan Fund(楽天ベンチャーズ・ジャパン・ファンド)」の運用を新たに開始いたしましたので、お知らせします。

Rakuten Venturesは、「アーリーステージ」投資に特化したコーポレート・ベンチャー・キャピタル・ファンドとして、2013年からシンガポールを拠点に、東南アジアにおける1千万米ドル規模のファンドの運用から始動しました。2014年には、イスラエル、アジア太平洋地域および米国の企業を対象とした1億米ドル規模のグローバル・ファンドを組成しています。

今回の「Rakuten Ventures Japan Fund」では、「アーリーステージ」や「グロースステージ」にある、インターネット関連事業を展開する日本のスタートアップ企業を中心に投資します。対象となる企業には、旺盛な起業家精神と先見性のある技術やビジネスモデルを求めており、さらなる成長を促すため、楽天グループ内の既存の技術やプラットフォームの活用などによるサポートも提供します。
本ファンドは、マネージング・パートナーであるSaeMin Ahn(サエミン・アン)のもと、Hogil Doh(ホーギル・ドー)がインベストメント・マネージャーとして運用します。

Rakuten Venturesは今後も、起業家、およびインターネット業界をエンパワーすることを目指し、国内外において投資規模と投資対象を拡大してまいります。

以上

 

(参照)Rakuten Venturesのニュースリリース

http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2016/0127_01.html