Home > 最新の記事 > FinTech(フィンテック)ニュース > 北都銀行、SBIの「FinTechファンド」に出資へ

北都銀行、SBIの「FinTechファンド」に出資へ

北都銀行は1月29日、SBIホールディングスの100%子会社であるSBIインベストメントが運営する「FinTechファンド」に出資することを発表しました。

このFinTechファンドは昨年12月にSBIが設立したもので、FinTech に関連する独自性の高い技術・サービスを保有する日本国内外の未公開企業を投資対象とし、出資者と投資先企業による連携や新しく革新的なサービス等の創出を推進することを目的としています。

昨年12月のSBIの公表資料では、横浜銀行、山陰合同銀行を始めとする地方銀行、三井住友信託銀行、ソニーフィナンシャルホールディングス、信用金庫等の金融機関、ソフトバンク、グローリーが出資済みまたは出資予定とされていました。

以下に、北都銀行のニュースリリースを引用します。

「FinTechファンド」への出資について

株式会社北都銀行
2016年1月29日

株式会社 北都銀行(頭取 斉藤 永吉)では、SBIホールディングス株式会社(代表取締役執行役員社長 北尾 吉孝)の 100%子会社であるSBIインベストメント株式会社(代表取締役社長執行役員社長 川島 克哉)が設立・運営する「FinTech ファンド」(名称:FinTech ビジネスイノベーション投資事業有限責任組合、以下「本ファンド」)に出資することといたしましたのでお知らせいたします。

本ファンドは、FinTech に関連する独自性の高い技術・サービスを保有し、今後将来性が見込まれる日本国内外の未公開企業を投資対象としており、出資者(金融機関(当行を含む)や FinTech に関連する事業会社)と投資先企業による連携や新しく革新的なサービス等の創出を推進するファンドです。

近年、インターネット・クラウド・モバイルといったIT分野の技術革新により、新たなテクノロジーやサービスを活用した異業種のベンチャー企業が金融産業に進出し、従来の金融サービスを代替しようとする潮流が世界的に進んできております。このようなITを活用した金融産業に関わる新たなテクノロジー・サービスはFinTechと呼ばれており、顧客利便性の向上や金融機関としての独自性・差別化を実現するソリューションとして注目を浴びています。

当行では、本ファンドへの出資を通じて、国内外の有望なFinTechベンチャー企業と協業・連携し、お客様にとって利便性が高く革新的なサービスの提供に取り組んでまいります。
(以下、省略)

 

(参照)株式会社北都銀行のニュースリリース

https://www.hokutobank.co.jp/news/pdf/20160129-1.pdf