Home > 最新の記事 > FinTech(フィンテック)ニュース > GMOインターネットとテックビューロがブロックチェーンで提携

GMOインターネットとテックビューロがブロックチェーンで提携

GMOインターネットとテックビューロは2月1日、テックビューロのプライベート・ブロックチェーン「mijin」をベースとしたゲーム用バックエンドエンジンを共同開発することを発表しました。

今秋を目処に、ゲームアプリ専用クラウドサービス「GMOアプリクラウド」において、PaaS型バックエンドエンジンとして販売を開始する予定とのことです。

以下に、GMOインターネットとテックビューロのニュースリリースを引用します。

GMOインターネットとテックビューロが業務提携
ブロックチェーン技術によるゲーム用バックエンドエンジンを共同開発
〜従来の半分未満のコストでゼロダウンタイムを実現〜

GMOインターネット株式会社
テックビューロ株式会社
2016年2月1日

GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)とテックビューロ株式会社(代表取締役:朝山貴生 以下、テックビューロ)は、本日2016年2月1日に業務提携し、テックビューロのプライベート・ブロックチェーン技術「mijin」をベースとしたゲーム用バックエンドエンジンを共同開発いたします。

ブロックチェーン技術はフィンテック分野で注目の最新技術で、これをゲーム用バックエンドエンジンに応用することで、運用コストが従来の半分未満へと圧縮が見込めるうえ、ダウンタイムをできる限り抑える“ゼロダウンタイム環境”の実現が可能となります。今秋を目処に、ゲーム・アプリ専用クラウドサービス「GMOアプリクラウド」において、PaaS型バックエンドエンジンとして販売開始する予定です。

(以下、省略)

 

(参照)GMOインターネット株式会社
テックビューロ株式会社のニュースリリース

https://www.gmo.jp/news/article/?id=5146