Home > ニュース > システムニュース > 地方銀行でインターネットバンキングのアクセス障害が相次ぐ
systemfailure

地方銀行でインターネットバンキングのアクセス障害が相次ぐ

2月29日(月)の朝9時半頃から、複数の地方銀行においてインターネットバンキングに接続しづらくなる障害が発生しています。

インターネットバンキングに接続しづらくなる障害が発生しているのは、各行のWEBサイトを参照する限り、八十二銀行、中国銀行、阿波銀行、十六銀行など、少なくとも8行にのぼります。

18時時点における各行の障害状況はバラつきがあり、中国銀行は14 時頃から接続状況が安定化したとしている一方、十六銀行や阿波銀行は復旧の目途が立っていないとしています。

各行とも障害の原因を公表していませんが、8行のうち少なくとも数行は日本IBMのインターネットバンキング共同センター(通称:eMuSCセンター)を利用していることから、同センターで障害が発生した可能性もあります。

以下、各行の発表内容へのリンクです。