Home > 最新の記事 > システムニュース > 地方銀行でインターネットバンキングのアクセス障害が相次ぐ
systemfailure

地方銀行でインターネットバンキングのアクセス障害が相次ぐ

2月29日(月)の朝9時半頃から、複数の地方銀行においてインターネットバンキングに接続しづらくなる障害が発生しています。

インターネットバンキングに接続しづらくなる障害が発生しているのは、各行のWEBサイトを参照する限り、八十二銀行、中国銀行、阿波銀行、十六銀行など、少なくとも8行にのぼります。

18時時点における各行の障害状況はバラつきがあり、中国銀行は14 時頃から接続状況が安定化したとしている一方、十六銀行や阿波銀行は復旧の目途が立っていないとしています。

各行とも障害の原因を公表していませんが、8行のうち少なくとも数行は日本IBMのインターネットバンキング共同センター(通称:eMuSCセンター)を利用していることから、同センターで障害が発生した可能性もあります。

以下、各行の発表内容へのリンクです。

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ