Home > 最新の記事 > FinTech(フィンテック)ニュース > ロボアドバイザー等を開発中のFolio、3億円の第三者割当増資を実施

ロボアドバイザー等を開発中のFolio、3億円の第三者割当増資を実施

次世代型証券プラットフォームサービスを開発しているFolioは3月15日、米国VCのDCMベンチャーズ及びDraper Nexusに対し、計3億円の第三者割当増資を実施したと発表しました。

Folioは2015年12月にバークレイズ証券出身の甲斐真一郎氏などが設立したFinTech企業。「資産運用をバリアフリーに」というスローガンのもと、世界中のETFから一人ひとりに最適な国際分散投資戦略を提供する「ロボ・アドバイザー」のサービスのみならず、先端投資理論や深層学習等を応用して投資活動を簡易化・効率化できるサービスの提供を目指しています。

今回の増資により、年内のサービスリリースに向けて人材の採用、バックエンドシステム開発等を進めていく予定とのこと。

以下に、Folioのニュースリリースを引用します。

DCMベンチャーズとDraper Nexusに対し、総額3億円の第三者割当増資を実施しました。

株式会社Folio
2016年3月15日

株式会社Folio(本社:東京都港区、代表:甲斐真一郎 以下Folio)はDCMベンチャーズ(本社:Menlo Park, CA、日本代表:本多央輔氏)及びDraper Nexus(San Mateo, CA、日本共同代表:倉林陽氏)に対し、計3億円の第三者割当増資を実施いたしました。

Folioは「資産運用をバリアフリーに」というスローガンのもと、すべての人が正しく資産運用できる場所を目指し、金融資産への投資がかんたんに、そして効率的に実現できるような次世代型証券プラットフォームをご提供いたします。

これまでヘッジファンドやプライベートバンクなどでしか提供されることのなかった最先端の投資技術を集約し、個人一人ひとりがかんたんに投資活動ができるようなサービスを準備中でございます。今回の増資により、年内のサービスリリースに向けて人材の採用、バックエンドシステム開発等を進めていく予定でおります。

Folioについて ~Easy to Invest~

未曾有の低金利を迎える現在の日本では、預金による資産運用は決して効果的とは言えません。物価上昇や年金への不安感も相まって、将来の自分を守るため資産運用について真剣に取り組まなくてはいけない時代になってきています。

しかし、現在の日本の金融サービスは「使いにくい・分かりにくい」で埋め尽くされており、個人一人ひとりが気軽に資産運用の世界に入っていくことは非常に困難です。

そこで私たちは、この問題を解決するため「かんたん」且つ「効率的」な資産運用ができる場所を作ろうと考えました。

世界中のETFから一人ひとりに最適な国際分散投資戦略を提供する「ロボ・アドバイザー」のサービスのみならず、先端投資理論や深層学習等を応用して投資活動を簡易化・効率化できるサービスを提供し、これにより「テーマ別投資」などの幅広い投資ニーズに対応したプラットフォームとなることを目指します。

【コメント: DCMベンチャーズ 日本代表 本多央輔氏】

Folio社はウェブプロダクトに対する確かな実績と強みを持つメンバーと証券業務に深い知見を持つ経営陣の非常にバランスのいいチームを構成しております。DCMとしても、米国でSoFi、Bill.com、SigFig等のFinTech領域に投資を実施した経験を踏まえ、Folio社が提供するロボ・アドバイザーをはじめとしたサービスが生み出すユーザーへの価値及び資産運用促進へのインパクトの大きさを感じ投資を決断致しました。また、Folio社が描く壮大なプロダクトのロードマップは世界的に見ても極めて創造的で社会的に意義深いものだと弊社のグローバルチームも捉えております。Paypalで起きたように若いメンバーが巨大な業界を変革する姿が日本でも見られることを大いに期待しております。

【コメント:Draper Nexus 日本共同代表 倉林陽氏】

米国のみならず、日本においても数多くのベンチャー企業が台頭しているロボ・アドバイザー及び次世代証券取引プラットフォーム市場において、Folioを創業した圧倒的な業界知見と実行力を持つ経営陣と、コンシューマーモバイル領域での実績豊富な開発チームが生み出す魅力的なプロダクトが業界を席巻し、長らく必要性が叫ばれて久しかった日本人の「貯蓄から投資へ」の変革の流れを大きく後押しする存在になる事を期待しています。

(以下、省略)

 

(参照)Folioのニュースリリース

http://folio-sec.com/news/160315