Home > 最新の記事 > FinTechニュース > TSUBASA加盟6行と日本IBM、FinTech共通基盤の開発に着手
tsubasa02.jpg

TSUBASA加盟6行と日本IBM、FinTech共通基盤の開発に着手

千葉銀行などの「TSUBASA金融システム高度化アライアンス」加盟6行は10月12日、日本IBMとともに、「TSUBASA FinTech共通基盤」の開発に着手したと発表した。

この共通基盤は、FinTech企業などの外部事業者が、オープンAPIを活用して同一の仕様で接続できるようにするもの。

安全性を確保した認証方法により、インターネットバンキング契約のない顧客でも各種のAPIとデータ連携することができるにする。

またサービス接続の第一弾として、来春には、ネストエッグの自動貯金サービス「finbee」とマネーフォワードの自動家計簿サービス「Money Forward」の提供を予定している。

今年の銀行法の改正により、金融機関は来年3月までに、オープンAPIなどによるFinTech企業との連携方針を公表することが義務付けられた。

各金融機関におけるオープンAPIへの取組みがより一層加速してきたと言えそうだ。

仮想通貨がはじめての方も簡単操作で購入できる取引所

私が初心者の方に1番お勧めする仮想通貨取引所がコインチェックさんです。 お勧め仮想通貨取引所ビットコイン,リップル,イーサリアム 1000円からの仮想通貨で資産運用。ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)・NEMなどで分散投資が簡単です。