Home > ニュース > FinTechニュース > 楽天、電子マネー14ブランドに対応の決済端末を発売へ
rakuten02.jpg

楽天、電子マネー14ブランドに対応の決済端末を発売へ

楽天は2月7日、楽天の決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」において、主要電子マネー14ブランドとAndroid Payに対応したサービスを今夏に開始すると発表した。

同様の国内決済サービスで主要電子マネー14ブランドを扱うのは、「楽天ペイ(実店舗決済)」が国内初という。

楽天は2012年12月に、リアル加盟店向けに「楽天ペイ(実店舗決済)」のクレジットカード決済サービスを開始しているが、新たに電子マネーやAndroid Payに対応する。対応する電子マネーは、楽天Edy、Suica、nanaco、WAONなど。

以下に、楽天のニュースリリースを引用する。

楽天、国内初 「楽天ペイ(実店舗決済)」が主要電子マネー14ブランドと「Android Pay™」に対応
今夏より、「楽天Edy」「Suica」「nanaco」「QUICPay+」「iD」などを取扱開始

楽天
2017/2/7

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、楽天の決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」において、主要電子マネー14ブランドと「Android Pay™」(注1)に対応したサービスを2017年夏から開始する予定です。同様の国内決済サービスで主要電子マネー14ブランドを扱うのは、「楽天ペイ(実店舗決済)」が国内初となります。

楽天は、「楽天ペイ」を通じて、クレジットカードや電子マネー、スマホアプリ決済など、あらゆるニーズに合わせた決済サービスを提供でき、加盟店にとっては決済手段が広がります。今回「楽天ペイ(実店舗決済)」に対応予定の電子マネーは、楽天グループの「楽天Edy」や、「Suica」・「PASMO」などの交通系9ブランド、全国のセブン&アイグループなどで利用できる「nanaco」、イオングループの「WAON」(2018年サービス開始予定)、「QUICPay+(クイックペイプラス)™」、「iD」です(注1)。「楽天Edy」に対応していることから「Android Pay™」も利用でき、さらに、近距離無線通信の国際標準規格であるNFC(注2)に準拠した決済サービス「Visa payWave(注3)」と「Mastercard® コンタクトレス (注4)」、「J/Speedy(注5)」も将来的に開始予定のため、日本国内の消費者に加え、訪日外国人旅行客の決済ニーズにも応えることができ、加盟店への積極的な送客を期待できます。

これに伴い、2017年3月6日からクレジットカードと電子マネーの決済機能が搭載された「Rakuten Card & NFC Reader Elan(18,800円 税込)」を販売予定です。また、すでに旧端末(注6)を所有している加盟店および電子マネーのみの導入を希望する加盟店を対象に、2017年夏頃にNFCを搭載した電子マネー専用リーダー端末「Rakuten NFC Reader Piu(4,980円 税込)」を販売いたします。

楽天は、「楽天経済圏」をリアル加盟店に広げるため、2012年12月に「楽天ペイ(実店舗決済)」のクレジットカード決済サービスを開始しました。さらに、楽天カードや楽天銀行などのFinTech事業の強みを最大限に活用することでイノベーションを主導し、2016年10月には楽天会員IDを用いたスマホアプリ決済サービスも提供しており、楽天スーパーポイントでの支払いが簡単に導入できるなどの利便性が加盟店から評価されています。

楽天は、様々な決済サービスや機能の拡充に努め、加盟店およびお客様のさらなる満足度向上を目指してまいります。

(以下、省略)

 

(参照)楽天のニュースリリース

http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2017/0207_01.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)