Home > 最新の記事 > FinTechニュース > 三井住友銀、法人向けのスマホ決済アプリを提供へ
smbc04.jpg

三井住友銀、法人向けのスマホ決済アプリを提供へ

三井住友銀行は3月13日、今春にも法人顧客向けに、外出先で残高照会や振込ができるスマートフォンアプリをリリースすると発表した。法人向けのスマホアプリは日本初。

同行の法人向けインターネットバンキングサービス「パソコンバンクWeb21」において、専用アプリを利用した決済サービスを提供する。月額料金は無料。

具体的には、残高照会や入出金明細照会、振込・振替サービスが利用できる。また、不正取引の防止のために、振込時にワンタイムパスワードが必須となるという。

すでに「パソコンバンクWeb21」を契約している場合で、Web上での手続きが可能な場合は、申込書の提出も不要。

以下に、三井住友銀行のニュースリリースを引用する。

邦銀初、スマートフォンアプリを利用した法人向け決済サービスの提供開始について

三井住友銀行
2017/3/13

 株式会社三井住友銀行(頭取:國部 毅、以下「三井住友銀行」)、株式会社日本総合研究所(代表取締役社長:渕崎 正弘、以下「日本総研」)は、法人のお客さま向けインターネットバンキングを外出先等でも、より簡単・便利にご利用いただくことを目的に、2017年春ごろを目途に、法人向けインターネットバンキング「パソコンバンクWeb21」において、スマートフォンで専用アプリを利用した決済サービスの提供を、月額料金無料で取扱開始します。

 今回の取扱開始により、従来、パソコンにてご利用いただいていた各種サービスのうち、照会サービス(残高照会、入出金明細照会)や振込・振替サービスを、スマートフォン専用アプリをダウンロードいただくことで、ご利用が可能(※)となります。
 また、不正取引の防止を鑑み、スマートフォンでの振込時にワンタイムパスワードを必須とする等、セキュリティ環境も整えております。
(※)既に「パソコンバンクWeb21」をご契約のお客さまのうち、Web上でのお手続きが可能な場合は、申込書のご提出なく、専用アプリ(追加料金無料)がご利用可能です。

 三井住友銀行及び日本総研では、今後もお客さまのニーズに合わせたサービスを提供していくことで、お客さまにとって利便性の高いサービス提供に努めてまいります。

(以下、省略)

 

(参照)三井住友銀行のニュースリリース

http://www.smbc.co.jp/news/j601367_01.html

おすすめ仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)

あ

ビットメックスは、最大100倍のレバレッジをかけることができる海外最大級の仮想通貨FX取引所です。

ビットコインだけでなく、

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

などのアルトコインでFXすることも可能です。

また、「追証なし」「取引量トップクラス」「サーバーセキュリティ万全」という特徴があるので、仮想通貨でFXをしてみたいという方にはおすすめの取引所です。

ちなみに、ここから登録すると、半年間手数料が10%割引されるので、ぜひどうぞ。

⇒BitMEX(ビットメックス)の詳細

⇒BitMEX(ビットメックス)無料アカウント開設ページ

ザイフ(Zaif)

あ

ザイフは、取引にかかる手数料の安さからコイナーには人気の仮想通貨取引所です。

ビットコインとモナーコインの取引に関しては、安いどころか0.01%のマイナスとなり、取引をすればするほどユーザーが得をする仕組みになっています。

ただ、本人証明から1~3日程度かかりますし写真の撮り直しが生じると面倒なので、無料口座開設をするならビットフライヤーやバイナンスと同時に登録しておいた方が良いでしょう。

また、取引所によってある期間中のキャンペーンなども存在するので、1つではなくて複数の口座を持っておいた方がお得ですね。

⇒Zaifの詳細

⇒Zaifの無料アカウント開設ページ