Home > ニュース > FinTechニュース > 楽天証券、FX取引にロボアドバイザーを導入
rakuten05.jpg

楽天証券、FX取引にロボアドバイザーを導入

楽天証券は5月16日、FX取引において、6月24日からロボアドバイザー「楽天RoboX」を提供すると発表した。

「楽天RoboX」は、顧客が複数の質問に答えると、AI技術が投資スタイルに合った売買ストラテジーを提案し、承諾後に自動でFX取引を行えるサービス。

運用パフォーマンスの低下時には、AIがマーケットに合わせて、売買ストラテジーの組み合わせを変更する機能もある。

Tradency社のテクノロジーを採用しており、海外ではすでに20社の導入実績があるという。日本での導入は初。

楽天証券では、投資一任型のロボアドバイザー「楽ラップ」を提供しているほか、投資信託ロボアドバイザー「ロボのぶくん」を今月中にサービス開始予定。

「楽天RoboX」はこれらのロボアドバイザーに続くサービスになる。

(参照)楽天証券のニュースリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000011088.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)