NTTデータ、信用金庫間クラウド情報共有サービスを構築

NTTデータは5月22日、城北信金に対し「信用金庫間クラウド情報共有サービス」の提供を開始したと発表した。

この「信用金庫間クラウド情報共有サービス」は、信用金庫間の情報共有をクラウド上で行うためのもの。セールスフォース・ドットコムのクラウド型プラットフォーム「Force.com」を用いて構築した。

城北信金が運用しているクラウドファンディングサイト「NACORD」に関する情報を、信用金庫間で共有するために活用する。

例えば、これまで金庫間におけるクラウドファンディングの案件掲載依頼から案件終了までの管理が煩雑という問題があったが、この基盤を用いることで、情報管理の効率化が図れるという。

今後NTTデータは、城北信金とともに、このプラットフォーム上へのビジネスマッチングサイト構築や、外部専門家との業務連携機能の構築を検討していくとしている。

(参照)NTTデータのニュースリリース

http://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2017/2017052201.html